横浜線猫行脚19(片倉→八王子・その1)


八王子市の猫

 所用・急用が続いたため掲載が遅くなってしまったが、一昨日、横浜線猫行脚は終点の八王子に到達した。2015年2月にスタートしてから2年4ヶ月かかった。
 横浜線より10駅も多い南武線猫行脚が7ヶ月半で終わったのに、3倍以上の時間がかかったのは、ひとえにモチベーションが上がらなかったからだ。丘陵地帯を走る横浜線沿線は、比較的新しくて「高級」とされる住宅地が多く、坂だらけで体力ばかり消耗する割に実入り(つまり猫)が少ない。そもそも俺は小洒落たような都市空間に興味はなく、どちらかというと生活臭、酒臭、煙草臭の漂うような猥雑な街の方が好きだ。もちろん猫もそちらの方が見つけやすく、それはきっと可愛がる人もいじめる人も存在する、坩堝のようなところだからだと思う。小洒落た都市空間はもとより野良猫なんか許さない。
 そんなわけで、東神奈川を出てから新横浜ぐらいまでは歩くのを楽しく感じたが、それ以降はほぼ苦行の旅。いま机に向かって思い返して印象に残る区間というと、中山~十日市場の猫民家とか、相原~八王子みなみ野の子猫ぐらいのものだろうか。
 最終回の片倉~八王子ともなると、今まで何度も歩いた区間ということもあり、それなりにたくさんの猫に会うことができた。一度では載せ切れないので、今日は前半の21枚(8匹)を紹介して、残りは明日に回すことにする。歩行距離や猫の数などのデータも明日までに纏めて紹介する。
 スタート地点の片倉駅を出発したのは6時ちょうど。当てにしていた駅前の何匹かに会えず、やや不安を感じながら歩いていたが、最初の猫には15分あまりで遭遇した。とある民家の敷地の隅で、こちらを気にするサビ1匹。
八王子市の猫

八王子市の猫

 強い逆光のせいで巨大フレアができてしまった。もう少し近寄りたかったが、この子はものすごく臆病で、まったく歯が立たなかった。怖いなら隠れていればいいのに、そうしないのには理由がある。
八王子市の猫

 「お腹が空いたんですけどー」
八王子市の猫

 しばらく待っているうちにご飯は出てきたが、俺がいるのでサビ子が出てこられない。分かったよ。もう行くよ。
八王子市の猫

 次に見かけたのは茶トラ。この辺りは割と茶系猫が多い。
八王子市の猫

八王子市の猫

 まだ若い感じの子。逃げ足が速くて民家の周りを右往左往する破目になった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 横浜線沿線最後の丘を超え、分水嶺に近い路地を歩いていると、車の下でキジ白が寛いでいた。
八王子市の猫

 何となく見覚えがあると思ったら、去年11月にも会っていた。あの時は寒々とした雰囲気だったが、今日はほど良い気温でのほほんとしている。
八王子市の猫

 調子に乗って近寄りすぎたの図。
八王子市の猫

 門扉で足発見。
八王子市の猫

 足の主はこちら。
八王子市の猫

 影ができて分かりにくいけど、この子は薄色三毛。さっきリンクした去年11月の記事で、トンネルに潜っちゃった子。
八王子市の猫

 紫陽花の咲き乱れる民家の玄関先に猫がいた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 予想していたより無反応。写真の方も小・中・大の3枚ズーム構成。
八王子市の猫

 八王子の栄えてない方にたどり着いて、心当たりを歩いてみたが、この辺りは以前よりだいぶ猫が減ってしまい、この日会えたのは1匹に留まった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 長かった猫行脚の締めくくりには少し淋しい数だったので、このあと栄えてる方の猫たちに協力してもらって、ブースターかますことにした。続きは明日を寝て待つね!
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 所沢市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP