屋根には誰が


八王子市の猫

 昨日は強い雨が降ったため散歩は断念したが、バルコニーと屋根の隙間に茶ファミリーが挟まっていたりして、何匹かは見つけていた。ここらはあんまり田舎すぎて、軒下など雨を避けてカメラを構えられる場所がなく、見つけても撮影するのが難しい。某巨大神社における手水舎や常香炉のように、屋根つきの施設に猫がいてくれると、とても都合がいいんだけれども。
 雨は夜になって上がり、今日はやや雲はあったもののそれなりに晴れた。仕事を終えるのが少し遅くなったため、帰りの散歩は職場からスタートして、大塚橋というバス停までの約6.5kmを歩いてみた。途中、新規開拓区間なども取り入れてみたが、ニュータウンで猫を見つけるのは簡単ではなく、結局1匹目から過去の猫拠点に頼ることになってしまった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 ここは3年近く前に一度だけ訪れたことのある猫民家。あの時と同じ猫かなと思っていたが、帰ってきてから調べたら違っていた。
八王子市の猫

 室外機の上でキジ白が伸びていた。
八王子市の猫

 この季節になると夜勤明けは厳しいんだが、日差しがなければ何とかなるものだな。
八王子市の猫

 つまらなそうな顔つきのキジ白。何となく女の子だと思っていたが、尻尾の下には立派なものが見え隠れしている。
八王子市の猫

 呼ぶと短く「にゃ」と鳴いて返事する。嬉しくなって指を差し出したら逃げてしまった。
八王子市の猫

 これはちょっと分かりにくすぎ?
八王子市の猫

八王子市の猫

 だいぶ赤茶けているが、あれは二毛であろうな。
八王子市の猫

 眉間のM字ラインにレッドが混じっている気がするから二毛。性別によって耳の切り欠きの左右が決まっているらしく、それが正しければヒントになるんだが、実際はぜんぜん当てにならない。
八王子市の猫

 同じ路地の向こうからもう1匹。遠目にも微妙な毛色と分かるね。
八王子市の猫

八王子市の猫

 さっきのとそっくりだけど、こちらは濃い方の縞にレッドが見えないから、きっとキジトラ。
八王子市の猫

 さらに同じ路地。今度は上の方にいるよ。
八王子市の猫

 ほら。
八王子市の猫

 この家の屋根は割と猫率が高く、1ヶ月ほど前は茶トラ白を見た。次回は誰がいるかな。
八王子市の猫

 散歩を終えて平山に帰ってきた。ここも定点と化しつつある猫民家の納屋。
日野市の猫

 前回は長毛カラーポイントがいた場所。次回は誰がいるかな。
日野市の猫

 うちの近所は本当に猫が多い。せめてもう少しフレンドリーだったら張り合いがあるのに。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 奥多摩町の猫
  4. 基隆市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP