消えた円形花壇


日野市の猫

 2年前に会った人懐っこい駅猫がすでにこの世にいないことは、とある筋の情報で分かっていたが、知った顔が何匹か残っているはずと思い、遠い道のりを出かけてきた。昨日の夜勤明けに行こうと思っていた場所だが、ちゃんと調べたら、自宅からでも所要時間はそんなに変わらないらしい。
 最近の南武線は混雑率が上がっていて、特に沿線人口が急増している登戸~武蔵小杉あたりは、なるべくラッシュ時間帯を避けて通過したい。その結果、自宅を出たのは8時すぎと、かなり遅めの出発となった。そのぐらいの時間になると、近所の細い路地にも日差しが行き渡っているので、猫たちも充電しに出てきている。
日野市の猫

 庇の上の茶ファミリー。まったく懐く兆しがないため、引っ越してきて4ヶ月以上経つというのに、誰が誰だかまったく分からない。
日野市の猫

日野市の猫

 出発地点の扇町に着いたのは10時すぎ。折り返しで鶴見へ戻る電車を見送って歩き出すと、すぐに1匹目を発見。マンホールの蓋の上に茶トラがいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 人の良さそうな顔つき。これは近寄れるかも。
川崎市の猫

 お尻を撫でることに成功。
川崎市の猫

 この辺りは大規模な臨海工業地帯だが、わずかながら民家も点在していて、隙間からにゃあにゃあ鳴く声が聞こえてきたりもする。
川崎市の猫

 お取り込み中の2匹。
川崎市の猫

 こちらに気づいたらお澄まししてしまった。
川崎市の猫

 濡れて輝く逆光の路地に猫1匹。
川崎市の猫

 ああっ、行かないでー。
川崎市の猫

川崎市の猫

 舌がつるほど鳴らして気を引いたのが良かったか、元来た方へ戻った黒白。その傍らには……、
川崎市の猫

 長毛もいた。ちょっとお年を召している感じだね。
川崎市の猫

川崎市の猫

 晴れているから日なたの方がいいと思ったけど、コントラストが高すぎて、せっかくの毛並みがきれいに写らないな。
川崎市の猫

 路地の猫たちと分かれて、さっきのマンホールの蓋を覗いてみると、1匹増えていた。
川崎市の猫

 その後、徒歩と電車を組み合わせて、昭和、浜川崎、浅野、安善と回ったが、道中1匹の猫にも会わなかった。特に冒頭で触れた浅野駅は、名物とも言える円形花壇が跡形もなくなり、その場所には業務用施設が建築中だった。花壇は直径10mほどのささやかなもので、ろくに手入れもされずに荒れていたが、小さな池に亀が泳いでいたり、猫たちがお昼寝していたりして、小動物の憩いの場所になっていた。もう一つあった長方形の花壇も撤去されて、そこにいたはずの生き物もみな消えていた。
 浜川崎から南武支線~尻手を経由し、腹ごしらえのため分倍河原で途中下車。ついでに府中本町まで歩くことにして、猫でもいないかと思って辺りを見回しながら歩いていると、砂利の駐車場に三毛がいるのを見つけた。
府中市の猫

 しかし、隠れてしまった。シャイな子のようだ。
府中市の猫

府中市の猫

 最後の猫はキジトラ。日陰で分かりにくいかな。
府中市の猫

 「いま忙しいからあとにして」
府中市の猫

 鳥を狙っていたらしく、この直後、カッカッと喉を鳴らしてどこかへ駆けていった。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 台南市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP