猫密度の低い街


福生市の猫

 今日の散歩は、出勤日の朝歩くには距離が長すぎてボツになっていた、東秋留駅から川を渡って福生に至るコース。天気は明るい曇りで、こういう日は空が真っ白になって写真が撮りにくいが、猫はたくさん出ているんじゃないかと期待して出かけてみた。しかし、駅から川を渡るまでの間に見つけたのはたった1匹。やっぱり人口密度の低い街は猫も少ない。
 まずは家を出てすぐにキジ白を見つけた。木に登っているのを見かけたことがあるが、今日は物置の上で寝ていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 そして次の猫は1時間10分後。いくら田舎でもこんなにいないもんかね。
あきる野市の猫

あきる野市の猫

 あきる野市内は諦めて川を渡り、しばらく歩くと、アパートの通路の向こうに茶色いのが寝ていた。
福生市の猫

 正面に回ってみようと迂回していたら、隣のアパートの通路にも黒白がいた。猫アパートのようだ。
福生市の猫

 怪しい者じゃないってば。
福生市の猫

 スリムで目の大きな子。こういう猫は懐くととてもいい表情をするんだがなあ。
福生市の猫

 そして先ほどの茶色。
福生市の猫

福生市の猫

 民家の玄関でキジトラを見つけた。11:10という時刻は猫を探すには遅すぎだし、しかも田舎町だから猫密度も低い。そう考えると、去年の大晦日に何のあてもなく行った檜原村で2匹も見つけたのは奇跡的だったのかもな。
福生市の猫

福生市の猫

 線路を渡ってしばらく行くと、砂利の駐車場にキジ白がいた。この子は去年のクリスマスイブの日にも見かけた(こちら)。たまに出勤前にも通る道だが、会うのは久しぶり。
福生市の猫

 ファインダーを覗いたままレンズを広角側に引いたら、左端の民家にもう1匹見つけた。
福生市の猫

 ほらいた。
福生市の猫

 今日の最終目的地である福生の公園。人懐っこいキジトラに会いに来たんだが、あいにく今日も不在だった。もともとこの公園の猫たちは、ホームレスが面倒を見ていたそうだが、その人が多摩川の河川敷に引っ越す時に、大方連れて行ったらしい。もしかしたらキジトラも一緒に多摩川に引っ越したのかも知れない。
 そういうわけで、最近必ず会うのはこの2匹。
福生市の猫

福生市の猫

 長い距離を歩いて、疲れ果てて駅にたどり着いたら、目の前の駐車場で1匹倒れていた。
福生市の猫

福生市の猫

 砂利の駐車場は足音でバレちゃうんだよなー。このあと車の下に逃げられた。
福生市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 奥多摩町の猫
  4. 三浦市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.12.4

    羽虫のオーブ
  2. 狛江市の猫

    2020.12.1

    灰色爺さん
  3. 日野市の猫
  4. 府中市の猫

    2020.11.29

    クロエさん
  5. 府中市の猫
  6. 昭島市の猫

    2020.11.27

    パイプの季節
  7. 日野市の猫

    2020.11.26

    不変の縄張り
  8. 日高市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP