« 9月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2017-08-06
多湿な日々

 今年の夏は曇りがちで湿度の高い日が多く、朝の散歩は例年以上に消耗が激しい気がしている。去年と今年の梅雨明け日から14日間のアメダスデータ(東京)を見ると、昼夜を通して晴れた日は去年6日間あったのに今年はゼロ。最高気温は去年37.7℃で今年33.7℃。平均湿度は去年73.3%で今年80.1%。抽出期間が短いので確定的なことは言えないが、現時点では明らかに今年の方が天気が悪くて湿度も高い。なぜそんな数字を並べたのかというと、去年よりかったるく感じる原因が、本当に天候によるものなのか、それとも俺が年を取って体力が衰えたのか、あるいは我慢が効かなくなってきたのか、自分でもよく分からないからだ。
 そんなわけで今朝も6時前に自宅を出発。ちなみに日勤前の散歩は今日が連続4日目で、朝の湿度はそれぞれ84%、96%、97%、92%と容赦ない。無駄に体力を消費しないよう、そろりそろりとバス停へ向かっていると、同様に体力温存中の物体が見えてきた。
日野市の猫

 誰かと思ったら、鉢割れのまだら君じゃない。まだ6時なのにもうバテたの。
日野市の猫

 「違うよ、朝はみんなこんな感じだよ」
日野市の猫

 今朝の散歩コースはトラディショナルな立川~西国立。ただし前職の通勤時のように南口からスタートするのではなく、北口から出て茶猫タウン北を経由してみた。できれば人妻三毛ちゃんに会いたかったからだが、時間が早すぎたせいかあいにく不在。以前の職場の近くまでまったく猫を見かけることなく、散歩の前半は汗をかくだけで終わってしまった。
 1匹目はとあるマンションの駐車場で発見。あいつは古い顔見知り。
立川市の猫

立川市の猫

 初めて会ったのは2011年8月。仕事を終えて帰途についた夕方、熊五郎と一緒のところに出くわしたのだった。相変わらず懐かないけど、以前より顔つきが柔和になったかな。
立川市の猫

 気配を感じて振り向くと、背後でも1匹伸びていた。
立川市の猫

立川市の猫

 君もずいぶん久しぶりだねー。
立川市の猫

 黒襦袢を羽織っているみたい。今日は懐かしいメンバーに会えて嬉しいな。
立川市の猫

 室外機の上に三毛子の子が乗っかっていた。
立川市の猫

立川市の猫

 路地向かいは猫マンション。かつては三毛子一家の縄張りだった駐車場で、見慣れない2匹の猫が寛いでいた。
立川市の猫

 縄張り争いしている感じではないね。知り合いかな。
立川市の猫

 「へえ、クロさんには良くしてもろてますねん」
立川市の猫

 「なに笑ろてはるんですか。わいの顔に何かついてますか?」
立川市の猫

 チョビ1号邸前を通り過ぎようとして振り向いたら、中から相方のキジ白が現れた。
立川市の猫

 近寄ったら少し後ずさり。チョビ1号ほどは人懐っこくない子。
立川市の猫

 チョビちゃんにもよろしく伝えといてね。
立川市の猫

 散歩の最後は怒りんぼさんの路地に寄ってみた。イケメン黒白が佇んでこちらを眺めている。
立川市の猫

立川市の猫

 機嫌はいいはずなのに、近寄る素振りを見せただけで離れてしまう。もっとゆっくりやらないとダメかー。
立川市の猫

 ほらこの尻尾。絶対仲良くなれるはず。
立川市の猫

 一方こちらは尻尾がない。稲田堤で見かけたボブテイルのキジトラ。
川崎市の猫

川崎市の猫

 お尻から撮りたかったけど断念。ボブというより、ほとんど無尾に近いレベルだった。マンクスが外猫化して交雑したのかな。
川崎市の猫

Classification tagging : | | | | |