こんな黒白あんな黒白


川崎市の猫

 今日からまた三連続夜勤なので、何となく働いたような気がして、ふと気づけば来週の金曜日になっているはずだ。車窓の向こうに見つけた何かが一瞬で過ぎ去っていくように、年を取ると時間の流れが速すぎて、大切な人や猫との時間が一刹那にしか感じられないのがとても悲しい。
 今日の出勤前の散歩は津田山から久地まで。急峻な山越えを伴うこのコースを出勤前に選んだ場合、仕事中に激しく気絶する可能性が生じるが、夜勤明けだとさらにきつくて死なない自信がないので、気絶する方を選んだ。
 今日の猫は黒白が多め。最初に見かけたのは、すでに逃げかかった鼻黒真ん中分けだった。
川崎市の猫

川崎市の猫

 教会の敷地を通り抜けて、こちらを窺う黒白。全身を写そうとさらに近寄ると……、
川崎市の猫

 車の下に隠れてしまった。残念。
川崎市の猫

 ここはいつもの猫アパート。敷地内に日なたぼっこ中の黒白がいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 こいつは鼻に墨が塗られて、羽根突きで負けた人みたいだね。お正月はもう終わったけど。
川崎市の猫

 かつて尋常性白斑猫カミツキネコが暮らしていた細い路地。身を寄せていた長屋は壊されて更地になり、もう二度と会えないだろうと思っていたが、今日は珍しく別の猫の姿があった。
川崎市の猫

川崎市の猫

 満タンのカリカリを前にして嬉しそう。この子の鉢割れはペン先型の上矢印だね。
川崎市の猫

 最近、一部の界隈で望遠レンズの圧縮効果が話題になっているようなので、俺も真似してみた。長屋の屋根に猫の背中が見えているのが分かるかな。
川崎市の猫

 プスプス言って目線をもらったところ。
川崎市の猫

 少し角度を変えたら3匹いた。今日唯一、黒白を含まない猫たち(三毛の毛色は黒白を含むけど)。
川崎市の猫

 こちらも定点の猫駐車場。縄張りの中心でお昼寝中の猫発見。
川崎市の猫

川崎市の猫

 白と思わせておいて、実はこいつも黒白なんだよなあ。
川崎市の猫

 ほらね、尻尾が黒い。
川崎市の猫

 黒白を撮っている背後から、か細い鳴き声が聞こえてきて、見ると隣の車の下にも1匹いた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 茶トラ白は割とフレンドリー。呼んだら出てきてくれた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 こちらも黒白駐車場。馴染の猫が車の横に佇立していた。
川崎市の猫

 遠目にも分かる、鼻ポチの鉢割れ黒白。
川崎市の猫

川崎市の猫

 背後から「おいらも混ぜてくれー」とでも言いたげな鳴き声が。今日は本当に黒白ばかりだな。
川崎市の猫

 たたっ。
川崎市の猫

川崎市の猫

 真正面にやってきて、ちょこなんとしてこちらを見つめる黒白。あいにく今日は手ぶらなんだよ。
川崎市の猫

 未練がましく居座る2匹目。今日は鼻黒で始まり鼻黒で終わる散歩だった。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 新北市の猫
  5. 新宿区の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 福生市の猫

    2021.1.27

    黒に四苦八苦
  2. 八王子市の猫

    2021.1.26

    ちょいと一駅
  3. 福生市の猫

    2021.1.25

    てんこ盛り
  4. 多摩市の猫
  5. 調布市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 稲城市の猫
  8. 多摩市の猫

    2021.1.17

    鳴き合う茶猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP