七三の婆さん


立川市の猫

 いちいちここには書いていないが、会いたくて何度も足を運んでいるのに、なかなか会えずにいる猫が常に何匹かいる。某巨大神社下のキジ白マダムもその一匹で、5月初旬を最後に姿を見ていない。散歩のついでに何度か立ち寄っているほか、最近は車で福生や羽村へ行く用が多かったので、そんな時はわざわざ旧街道を通って境内に車を止め、神社下の路地を覗いてみたりもしたが、いつも空振り。以前は猫の幅だけ開いていた婆さんの玄関ドアが、しばらく前から閉ざされたままになっているのが気になるが、ここ10日間ほどは忙しくて行けていない。
 今朝の出勤前の散歩は、そんな安否確認の一環で、立川駅付近を1時間半ほどかけて歩いてみた。最初に立ち寄った人妻三毛ちゃんの庭は今日ももぬけの殻で、次に向かったのは上矢印ちゃんの家。こちらには3匹の猫がいた。
立川市の猫

 直前までくっついて丸くなっていたのに、カメラを向けたら揃ってお座りしてくれた。俺たちきっといい友達になれると思うんだ。
立川市の猫

「君はアプローチが性急なんだよ。IWGさんの爪の垢を煎じて飲むといいよ」
立川市の猫

 夫婦然とした佇まいで「そうよそうよ」とのたまう2匹。
立川市の猫

 玄関に張り付く2匹の猫発見。久しぶりに猫旅館らしい場面に遭遇したな。
立川市の猫

立川市の猫

 以前より減ったとはいえ、ここを頼りにしている猫は多い。ほかにも見えないところに潜んでいるものと思われる。
立川市の猫

 ここにもご飯待ちの猫が2匹いた。
立川市の猫

立川市の猫

 お澄ましした茶トラ白を撮影している間にも、車の下から三毛が飛び出てきたり、背後をキジトラが通過したり、取りこぼしが多数。今朝も暗くてモチベーションが上がらず、そういうのはみんなスルーした。
立川市の猫

 舌はしまっていいからね。
立川市の猫

 先日も会ったばかりの大チョビ髭の黒白が今朝もいた。
立川市の猫

 ここは以前勤めていた会社の通勤路だが、その時でさえ、こいつには1年半の間に3回くらいしか見なかった(初回は2011年8月)。転職してごくたまにしか通らなくなったのに、2週間ぶりに来てまた会うとは思わなかった。猫の出現パターンというのは本当に予測不能だ。
立川市の猫

立川市の猫

 そしてさらに予測不能な猫が。
立川市の猫

立川市の猫

 去年10月以来の七三ファミリー婆さん。隣地で進むマンション新築工事の休工日を狙って、しばらく会っていない母を訪ねて来たら、代わりに婆さんがいた。ぜんぜん会えなくなって、ほとんど諦めていたので、思わず「婆さんだー」という台詞が口をついて出るほど驚いた。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 江東区の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 山形市の猫
  5. 調布市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 白河市の猫
  3. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  4. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  5. 昭島市の猫
  6. 府中市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP