日陰難民


八王子市の猫

 今日は先月30日以来の夜勤で昼下がりの散歩となり、しかも家を出るころは日差しがあったので、散歩コースは八王子の歓楽街を一回りするだけにしておいた。家を出てみると思ったよりだいぶ雲が多く、日差しに当たることはほとんどなかったが、今夜は本業の方が忙しくて、あまりたくさん写真を撮っても処理する時間がない。結果的にはほどほどの数になって、仕事の合間にこっそり更新することもできた。
 1匹目は濡れ縁の茶トラ白。会うのは恐らく2回目。
八王子市の猫

八王子市の猫

 歓楽街に到着して、最初に訪ねたのは黒の家。どんな天気の日でも大抵いてくれる子で、今日は時折降り注ぐ日差しを嫌ってか、車の下で寝ていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

「あれ、また来たの」
八王子市の猫

 しゃがんでカメラを向けたら、前足を畳んで被写体モードになってくれた。いつも済みませんね。
八王子市の猫

 柳の小路の猫民家。寝ていたはずの茶トラ白は、怪しい気配を感じて目を開けている。
八王子市の猫

八王子市の猫

 スクーターで寝ているのは常駐のキジ白。ずいぶん前、似たような場面を見たような気がして、あとで調べたら5年前に撮影していた(こちら)。
八王子市の猫

八王子市の猫

 この写真や黒猫の写真にも写っているように、今日の散歩で歩いた歓楽街は、主だった駐車場や空き地(つまり猫の遊び場)が軒並み閉鎖され、杭が打たれていた。大規模開発にしても、まだ虫食い状態なので、着工は当分先だろうが、いずれこの街がまったく違う様相になるのだとしたら、とても残念だ。
八王子市の猫

 なお、猫はこちら。
八王子市の猫

 地面から車がなくなったので、日陰を選んだ結果ここになったようだ。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 中央区の猫
  5. 府中市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  4. 宮古市の猫
  5. 久慈市の猫
  6. 三鷹市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP