« 6月 2019 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2018-03-13
だるそうな猫たち

 プチ台湾旅行の残りの写真(3月9日撮影分)は3回に分けて載せることになりそうで、ほぼ午前中だけの散歩だった割に多かった。正直言うと台湾最南端の鵝鑾鼻や離島にまで足を延ばした1月の猫旅よりも、今回のプチ旅の方が楽しく感じた。1月の猫旅は行きたい場所を欲望に任せて突っ込んだため、旅程をかっちり決めておく必要があり、常に時間に縛られていたからだと思う。
 そうした俺の旅のスタイルは、小中学生のころの一人旅で培われたと自分では思っている。当時の北海道は今よりずっと路線も列車本数も多かったが、子供がノープランで回れるほど甘くはない。1日1~2本しか列車の来ない駅はざらにあり、行きたいところにたどり着いて、予定日に帰ってくるには、あらかじめ列車ダイヤを調べて、旅程を組んでおかなければならなかった。
 それからずっとそのやり方で来たので、旅程表も持たずに出かけた今回のプチ旅は新鮮だった。池上米さえ手に入ればあとのことは割とどうでも良く、自由気ままに行動できて、フレンドリーな猫と気の済むまでごろごろすりすりできた。立て続けの台湾だったが行って良かった。
 閑話休題。今日は夜勤のためお昼すぎからの猫散歩。上矢印ちゃんに会いたくて、家に行ってみたがあいにく不在で、1匹目に遭遇するまで30分ほど歩かなければならなかった。
立川市の猫

 久しぶりの猫路地で、いたずら者発見。
立川市の猫

 近寄ったら隠れちゃった。やっぱり悪いこと企んでたね。
立川市の猫

 学校裏の猫アパートで2匹目。ここは日当たりの悪い路地で、猫もいつ出てくるか分からない。立ち寄っても会えないことの方が多いんだが、今日は運が良かった。
立川市の猫

立川市の猫

 サバ白を撮って安心する俺を泰然と眺めていた黒白。あとは母がいれば全員集合だな。
立川市の猫

 「呼びました?」
立川市の猫

 すりすり。
立川市の猫

立川市の猫

 艶かしいアプローチにどうしていいか分からず固まっていると、母は白けて動かなくなってしまった。ごめんよ、俺たち種が違うし。
立川市の猫

 一方こちらの2匹は仲良しさん。
立川市の猫

 はるか彼方に黒いの発見。
立川市の猫

 少し遠すぎたようで、追いついた時にはアパートの通路の奥の方まで行っていた。でもこういうアングル意外に好きかも。
立川市の猫

 今日は気温が上がるとの予報で、外套を脱いで出勤したんだが、言われていたほどではなく、最高気温は16.5℃止まり。高いところで猫が日に当たる程度の陽気だった。
立川市の猫

立川市の猫

 久しぶりの看板猫も元気そうで何より。
立川市の猫

 乗り換えの稲田堤。いつもの瓢簞横丁を通り抜けていると、だるそうに体を投げ出す2匹の猫に遭遇した。つっても今日そんなに暑いか?
川崎市の猫

川崎市の猫

 「あの子たちは眠いだけなの。顔がだるそうに見えるのは仕様です」
川崎市の猫

川崎市の猫