鉢割れさんの佇まい


川崎市の猫

 視界に小さな糸くずのようなものが見える、いわゆる飛蚊症の軽いやつは高校生くらいの時からあって、たまに思い出す程度で気になるほどではなかったんだが、2~3日前から急に糸くずが増えて、まるでワカメの漂う海中を泳いでいるみたいな見え方になった。右目だけの現象なので生活そのものへの影響は小さいが、そもそも視力が低い上に、カメラのファインダーを覗くとワカメが邪魔して、日々の猫関係業務に差し支える。急激に症状が変化した場合は網膜剥離や網膜裂孔の可能性もあるそうなので、猫散歩の前に近所の眼科に駆け込んで診てもらった。その場で眼底検査を受けた結果、加齢による後部硝子体剥離で、病的な飛蚊症ではないので治療の必要はなく、もし気になる変化があったらまた来てねとのことだった。
 このまま放っておけばワカメは消えるのか、ドクターに聞きそびれたので分からないが、ネットで調べたところでは「いずれ慣れる」とされ、根本的に治す方法はないらしい。網膜剥離や網膜裂孔が起きるよりはマシなのだろうが、死ぬまでこのままだとちょっと辛い。
 今日の猫は我が家の2匹から。昨日の朝に猫草を解禁して以来、暇さえあればむしゃむしゃやっている。
府中市の猫

府中市の猫

 マコちゃんは寝起きなので動かないが、サチコはカリカリには見向きもせずに、葉っぱばかり食べている。もちろん一通り食べたあとは、胃袋の中身を盛大にぶちまけてくれる。
府中市の猫

 草食動物か、君は。
府中市の猫

 家を出てすぐ、近所を散策中の黒煙ちゃんに行き会った。自宅前から離れているのは割と珍しいかも(たった30mだけど)。
府中市の猫

府中市の猫

 すりすり開始。カメラを向けるとすぐにこうなっちゃう。
府中市の猫

府中市の猫

 暇だったらうちの庭にも来てみてよ。オッサンが2匹とぐろ巻いてるから。
府中市の猫

 眼科の診察が終わったのは12時半すぎだったが、今は夜勤の始業時刻が17時に変わっているので、それでも時間には余裕がある。北から雨雲が迫っていたため南武線で南下して、スタート地点の稲田堤に着いたのは13時ちょうど。1匹目は瓢簞横丁で見かけた黒だった。
川崎市の猫

川崎市の猫

 ランチ後の毛繕い中だったが、カメラを向けたら「にゃあ」と一声鳴いてお澄ましした。
川崎市の猫

 眼底検査で散瞳薬を点眼したため右目の瞳孔が広がったままで、眩しい上に焦点が合わず、猫探しはかなり難航した。フェンスの上のキジトラも背景が暗くて最初はまったく気づかなかった。
川崎市の猫

 一度後ろへ逃げて、再び出てきたので、動きで存在に気づいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 ピントはカメラ任せ。クイックシフト・フォーカス対応のレンズじゃないし。
川崎市の猫

 キジトラの道路向かいには鉢割れ黒白が佇んでいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 この佇まいはよく覚えている。3年前の秋、同じ場所でサバ白と一緒にいるところを見かけたのだった。あの時はまだあどけなかったのに、ずいぶん立派になったねえ。
川崎市の猫

 雨雲が追いついてきたせいか、徐々に周囲が暗くなってきた。このままでは雨に当たると思い、先を急いでいると、行く手の車の下から猫が顔を出していた。
川崎市の猫

 こちらの出方を窺う茶トラ。手ぶら野郎の噂はこんなところまで届いていたか。
川崎市の猫

川崎市の猫

 逃げずにいるのは「念のため」。もしかしたら何かの間違いで、美味しいものを持っているかも知れないからね。
川崎市の猫

 稲田堤からかっきり1時間で定点の駐車場にたどり着いた。時間的にはまだまだ余裕があったが、あいにく雨に追いつかれてしまい、これ以上歩き続けるのは難しい。最後に白を撮って、今日の散歩はお開きにすることにした。
川崎市の猫

 降り出したばかりなのに、もう雨宿りしているのね。
川崎市の猫

 始業時刻まで3時間もあるというのに、多くの飲食店が自粛モードに入っていて、カフェでお茶することすらできず、時間を潰すのにかなり苦労した。ウイルス禍はいずれ収束するにしても、このままでは多くの商店が潰れて、街に何も残らないかも知れない。再びどこかへ旅に出られる日を楽しみにしているが、果たしてそれまで地方私鉄やバスタクシーが生き残っていられるのか。日本における武漢肺炎の死者は世界的に見て少ないと言われているが、それよりも経済的理由で首をくくる人の方が多いのではないかと危惧している。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  2. 昭島市の猫
  3. 新宿区の猫
  4. 多摩市の猫
  5. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  6. 小金井市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP