カメオとクリーム


八王子市の猫

 9月も後半に差しかかり、そろそろ秋めいてくるはずなので、日勤を多めにしてもらっていたのを通常モードに戻した。気温はだらだらと高く、天気の良い日中はまだ辛く感じるが、日月出没は暦通り進んでいるので、朝は少しずつ暗くなってきている。もうしばらくしたら、日勤前の散歩は今より30分ほど遅らせることになるだろう。
 今月は今夜を含めてあと4回の夜勤があるが、体がまだ朝散歩モードのままなので、日差しの強い日中、どこを探せば猫がいるのか、すぐには思い出せなくて困ってしまう。出かける前は拝島~西武立川を歩くつもりだったが、明後日も夜勤なのを思い出して、近場の北野~片倉に予定を変更した。15kgも重量が増した体を引きずって遠出するのはイヤだ。
 最初の猫はビルの隙間で発見。
八王子市の猫

 茶トラ1匹だと思っていたら、手前にも手足らしきものが見えるね。
八王子市の猫

 手足の主はきれいな毛並みのクリームシルバー。カメオとも呼ばれるこの毛色は、ティッピングにより根元の毛色が白く抜けたタイプで、厳密にはこのブログで言うところの「まだら」に分類されるべき毛色。とはいえ実際に被毛を掻き分けてみたところで、薄いクリーム色と白を判別することは難しいし、それ以前に猫の体に触れることすら覚束ないのだから、厳密にしようがない。なのでこの毛色は白斑の有無や模様にかかわらず、すべてクリームに分類している。なお、O遺伝子由来のレッドが希釈された本来のクリーム色はたぶんこちら
八王子市の猫

 「能書きの長い猫好きだな」
八王子市の猫

 起伏に富んだ住宅街。とあるアパートの裏庭からこちらを眺める視線あり。
八王子市の猫

八王子市の猫

 もう少し近寄って、フェンスにレンズを突っ込みたかったが、これが限界だった。なお俺はおっぱいがお母さん仕様なのを見逃してはいない。
八王子市の猫

 日差しがあると猫が日陰に隠れてしまう陽気。時刻は13時ちょうどで最も眠い時間。
八王子市の猫

八王子市の猫

 呼んでも頑なに目を閉じている。お昼ご飯のあとなのかな。
八王子市の猫

 本当は人懐っこい子。生きが良ければこんな風に近寄ってくるはず。
八王子市の猫

 最後の猫も茶トラ白。さっきのと似たように風体だ。
八王子市の猫

八王子市の猫

 今日の散歩コースにはこの子の住む家があって、また会えるかなと思って期待していたんだが、あいにく家の主人が庭の手入れ中で会えなかった。もっと涼しくなったらまた行ってみる。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 所沢市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 青梅市の猫
  6. 朝霞市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  3. 川崎市の猫
  4. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  5. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  6. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  7. 府中市の猫
  8. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP