短いかくれんぼ


府中市の猫

 今日は夜勤の出勤前に小金井の眼科に寄って、三度目の術後診察を受けてきた。今後も1~2週間おきに通院して、問題なければ来月下旬ごろから視力矯正へと進むことになっている。たまたまネットで見つけた医院だが、何度も通ううちに信頼度が増して、今はもうどうにでもしてってくらい心を許している。信頼しているのは医師の診察だけでなく、医療部門と事務部門の連携がしっかりしている点で、誰と何を話してもすぐに通じるのがとてもいい。見た感じではすべての職員が30代かそれ以下なので、ある意味対等に切磋琢磨できる職場関係なのだろう。
 診察後の猫探しということで、散瞳薬が効いたままなので周囲が見えにくく、散歩コースはある程度歩き慣れた東府中~分倍河原を選んだ。いつも最後に会う茶トラ白が最初に登場するのは、普段と逆向きに歩いているから。
府中市の猫

府中市の猫

 しばらく会っていなかったような気がするけど、実は1ヵ月半ぶり。元気にしてたか。
府中市の猫

 人懐っこいけどカメラは苦手。近くで撮ろうとしたら、ベンチの下に隠れてしまった。
府中市の猫

 ベンチの下から出てこない茶トラ白を説得していると、いつのまにか黒いのが現れて、公園の真ん中に座っていた。
府中市の猫

 この子は初めましての子。近寄ったらおもむろに転がった。
府中市の猫

 君は人懐っこい子だねー。会えて嬉しいよー。
府中市の猫

府中市の猫

 そうこうしているうちに雨が降ってきた。最後はお澄まし写真を1枚撮って撤収ー。
府中市の猫

 公園の黒と別れ、濡れるに任せて歩くこと20分、かつてモノクロ爺さんたちの縄張りだった横丁で、モノクロ姐さんが地面の水を飲んでいた。
府中市の猫

 2匹の爺さん亡きあと、縄張りを引き継ぐように現れたのは今年の3月だった。どうやらこの子はカメラが苦手らしく、不用意に近寄ったら茂みの奥に隠れてしまった。
府中市の猫

 ハケ上とハケ下を結ぶ緩い坂道。こちらを窺う鋭い視線が分かるかな。
府中市の猫

 じーっ。
府中市の猫

府中市の猫

 かくれんぼなら俺も得意だよーと近寄ったら、地面に飛び降りてしまった。どうも今日は逃げられがちだな。
府中市の猫

 そんな俺たちの様子を隣の家から眺めているのもいた。茶トラとはお友達みたい
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 多摩市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 奥多摩町の猫
  4. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  7. 宮古市の猫
  8. 久慈市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP