猫が日なたに戻ってきた


国立市の猫

 夜は涼しくてぐっすり眠れるようになったが、日差しが強いと朝の散歩はまだ暑いわ。電車で30分あまりかけて谷保まで行くうちに日が高くなって、これじゃ猫も引っ込んじゃうなと思いながら散歩開始。家を出る時はそうでもなかったので油断してた。
 まずは駅の近くの民家に寄って、今のところ必ず同じ場所にいる二毛の様子見から。
国立市の猫

 近寄ったら珍しく地面に下りた。
国立市の猫

 カラフルな車が並ぶ駐車場で1匹発見。
国立市の猫

 ちょっと個性的な顔立ちの子。
国立市の猫

国立市の猫

 物置の上にもいた。日なたにもいるんだから、少しずつ涼しくなってきてはいるんだろうな。これでも。
国立市の猫

 逆光だと空中の浮遊物も一緒に写るので、空気感が出てなかなか良い。
国立市の猫

 茶トラが地面に下りてきたのでもう1枚。日陰に入るとただの猫。
国立市の猫

 谷保~矢川では期待したほど見つけられなかったので、西国立で補完することにして1駅だけ電車移動。ご飯待ちらしきキジトラが玄関前に張りついていた。
立川市の猫

 いくら呼んでも目線もらえず。新しいカメラはシャッター音がとても静かなので、早朝でも気兼ねなく撮れるようになった反面、音で猫の注意を引けなくなった。
立川市の猫

 保護色的位置で涼むサビ発見。ちょっと分かりにくいかな。
立川市の猫

 イエネコの毛色は色々だけど、それぞれ理に叶った色合いなのかもなあ。それなら何で白色遺伝子(W)が最強なのかという疑問も残るけど……。
立川市の猫

 会社の近くには、たまに見かけるキジ白がいた。いつも警戒して張りつめた顔をしているのに、今朝はのほほんとしていた。
立川市の猫

立川市の猫

 草むらに不審な物体を発見。
立川市の猫

 塀の穴から向こう側に行ったので、上から覗いてみたら、トイレを探している三毛子だった。
立川市の猫

 「あらやだ見てたの」
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 大田区の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.2.28

    無関係な3匹
  2. 八王子市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  5. 府中市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 相模原市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP