転がる物体をいくつか


八王子市の猫

 台湾の田舎でトラブルに巻き込まれ、誤解を解くため必死に台湾華語で説明するも、発音が悪くてまったく通じないという絶望的な夢で目が覚めたのは午前3時。さすがに夜勤の日にそのまま起きるのは早すぎるので、māmámǎmàを唱えながら再び眠りについて、次に目覚めたのは9時だった。
 今日の散歩は京王八王子を12時半にスタート。夏服を買いに洋品店に寄ったので、猫探しの散歩は八王子の繁華街を50分ほど歩き回っただけだった。とはいえ買い物がなかったとしても、36.4℃という気温では、それ以上歩くことは無理だった。猫の方も門扉の向こうで気絶している風体だった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 気配には反応するけど面倒くさそう。
八王子市の猫

 柳の花街の和風猫民家にも1匹転がっていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 もはや顔をもたげることすらしない。さっきの猫の方が多少勤勉だな。
八王子市の猫

 住宅街の公園にも1匹。ここで猫を見るのはものすごく久しぶりかも。
八王子市の猫

 もう会えない場所だと思ってずっとスルーしていたが、つぶさに観察してみると、猫の気配を感じさせるものがいくつも見つかる。涼しくなったらもう少しちゃんと探そう。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 小平市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 新北市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  2. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 奥多摩町の猫
  8. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP