雨上がりの朝


青梅市の猫

 昨日の夕方から早朝にかけてまとまった雨が降り、熱帯夜からも脱したので、今日の猫散歩はさぞかし快適だろうと期待していたが、湿気がものすごくていつも以上に汗だくだった。電車に乗って散歩地の青梅へ向かっている時、昨日の運休を詫びる車内放送があり、帰宅してから調べたら、夕方から24時近くまで青梅〜奥多摩の運転を見合わせていたらしい。JR東日本は閑散線区の運転を簡単に放棄する傾向があり、どうせ大したこともないのにヘタレたのだろうと思っていたが、青梅アメダスの20時〜24時の合計雨量は120mm近く、そんなに降ったんじゃ仕方がない。
 スタート地点の東青梅に降り立ったのは6:50。わずかに雨が残っていたがそれもすぐに止み、高台の神社にたどり着いた時には空が明るくなっていた。
青梅市の猫

青梅市の猫

 お稲荷さんに猫。神殿で雨宿りしていたのかな。
青梅市の猫

 訝しむようにこちらを眺めている。
青梅市の猫

 しばらく逡巡したのち、地面に飛び降りた。この子は顔見知りで一昨年の11月以来。
青梅市の猫

 のら園長の引退後、猫には会えないと思っていた鉄道公園に猫がいた。
青梅市の猫

青梅市の猫

 一見、黒白鉢割れのようだけど、実はブラックスモーク鉢割れ。
青梅市の猫

 皆さんに分かりやすいよう、毛皮を見せてくださいな。
青梅市の猫

 「はい、どうぞ」
青梅市の猫

 スモーク君もさっきの二毛と同じく一昨年11月以来。そしてこの子も。
青梅市の猫

 3匹の中では最も古くから知っている子で、初めて会ったのは2011年8月に遡る。
青梅市の猫

 体力が残っていたので、再び電車に乗って御岳へ足を延ばしてみたが、山腹トリオのキジ白は不在。沢井で見かけたサバ白が今日最後の猫となった。
青梅市の猫

青梅市の猫

 サチコの粗相と猫缶の関係性については、観察を始めたその翌朝、トイレと廊下の両方にうんちがあって、どう解釈していいか分からないまま現在に至る。俺たち夫婦はサチコに弄ばれているのかも知れない。
青梅市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 三浦市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 奥多摩町の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP