サチコ似のキジ白


日野市の猫

 今日は朝から用向きついでの平山散歩。浅川の両岸を行き来するいつものコースを逆向きで歩いてきた。
 平山を散歩する時は必ずアビちゃんの家を覗いているが、ここのところまったく姿を見せなくなり、いつからだろうと思って調べたら、最後に会ったのは去年の11月下旬だった。今年に入って2月初旬に通りかかった時、ロシアンブルーと思しき若い猫(こちら)が窓から外を眺めていたので、新メンバー加入をきっかけに、室内飼いに移行したのかも知れない。片方の猫を外に出し、もう片方を出さないという飼い方は、管理上なかなか難しい。
 そんなわけでアビちゃん邸は通過。高台に住むちょん突きの三毛が今日の1匹目となった。
日野市の猫

日野市の猫

 こちらに気づくと、いつものようにぬるぬると近寄ってきた。俺たちが会う時はすっかりこのパターンに落ち着いた。
日野市の猫

 相撲のちょん突きみたいな左前足は、やはり怪我か何かの影響だったらしい。少し引きずって歩いていることに今日初めて気づいた。
日野市の猫

 定点の猫民家にいつもの3匹が集結していた。
日野市の猫

 えー、行っちゃうのー。
日野市の猫

日野市の猫

 ここの猫たちの朝食はほかよりだいぶ遅い。猫たちは俺を避けつつも、逃げ切ることなく周囲をうろうろしている。
日野市の猫

 ちなみに隣のアパートの進捗はこちら。4週間の間に外構も完成して、すべての部屋が埋まっていた。
日野市の猫

 次の猫もご飯待ちの佇まい。平日なのに、街の雰囲気が何となくのんびりしているのは、長期連休の余韻なのか、それとも緊急事態宣言のせいなのか。
八王子市の猫

八王子市の猫

 三毛の表情には覇気がない。
八王子市の猫

 一方こちらは嗅ぎ回り中の猫。ちょっと遠いから分かりにくいかな。
八王子市の猫

 あ、バレた。
八王子市の猫

 用水路伝いに逃走を図る茶トラ。試しに舌を鳴らしたら見えなくなるまで逃げてしまった。
八王子市の猫

 広い駐車場の向こうで猫が寛いでいた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 たぶんこの子に会うのは二度目。前回は2月で、まだ冬毛がもこもこしている時だった(こちら)。
八王子市の猫

 お食事中に失礼しますよー。
日野市の猫

日野市の猫

 ここは一昨年の夏ごろによく来たキジトラファミリーの家に近く、もしかしたらこの子もその一員かも知れない。写真を拡大して虹彩を確認したところ、俺の知る2匹の子猫ではなかったが、2019年の子猫はほかにも1匹いたし、2020年にも数匹生まれたようなので、その中のどれかである可能性は高い。まあいずれにせよ元気そうで何より。
日野市の猫

 ほぼ2年ぶりにまったく同じパターンで猫発見。あれはサチコ似のキジ白だ。
日野市の猫

日野市の猫

 この子はチビという名の17歳の女の子。サチコとは毛色や体つきが似ているだけでなく、年齢まで同じと聞いて親近感もひとしおだ。華奢な印象を受けるが、これでも恐らくサチコよりは重い。現在サチコの体重は3.39kgで、4kgを目指して頑張っているところだ。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 瑞穂町の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 多摩市の猫
  5. 国立市の猫

    2021.12.1

    猫の通り道
  6. 昭島市の猫
  7. 昭島市の猫

    2021.11.29

    煤渡り現る
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP