朝の散歩は南北方向がよろし


調布市の猫

 今月は本業の稼働時間がいつもより多く、もう月末まで連休がない。真夏のような暑さが続いていることもあり、体をいたわるつもりで選んだコースは京王線の飛田給から調布まで。あわよくば新規開拓も進めようという魂胆で、初めての道を4.3kmほど歩いてみた。その結果、早朝の散歩で東へ向かうのは、季節を問わず大変辛いことだと再認識した。進行方向に太陽があるので、5分も歩いていると灼熱で全身が焦げそうになる。たまらずに横丁(つまり南北方向の路地)の日陰に逃げ込むと、今度はいつまで経っても目的地に着かないことになる。ちなみに冬は太陽仰角が小さいため、真東に向けて歩くとめっちゃ眩しくて、目を痛めるだけでなく、肝腎の猫がぜんぜん見えないという事態に陥る。とにかく朝の散歩で東へ向かうのは辛いわけだが、強い逆光じゃないと味わえない景色というものもあり、悩ましいところである。
 結果は芳しくなく、カメラに収まったのは3匹。スルーしたのが6匹いたほか、猫拠点を2箇所ほど見つけたので、空模様を見てもう一度挑戦してみる。1匹目は巡回帰りと思しき大白斑のキジ白。
調布市の猫

調布市の猫

 不安げにこちらを振り向く美人キジ白。ここじゃ埒が明かないから先回りしてみよう。
調布市の猫

 ああっ、巻かれたっ。別猫だー。
調布市の猫

 2匹目は日陰のサビ。コントラストが高くて分かりにくいかな。
調布市の猫

調布市の猫

 呆れたような顔つきで見ているな。これからも時々来るから仲良くしておくれよ。
調布市の猫

 最後は先日も会ったばかりのレッドポイント。駐車場で眩しそうにしていた。今日の猫は以上。
調布市の猫

調布市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 江東区の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP