あやめちゃんちの鼻ポチ


相模原市の猫

 夜勤明けなので当たり前っちゃ当たり前なのだが、何だか今日はいつもよりだいぶ眠い。散歩もそれほどキツかったわけじゃないし、暑くもなかったのに何でだろう。
 猫の方はぼちぼち。朝からとても不安定な天気で、日勤に出てきた同僚によれば、「電車が止まるかと思った」くらいの強風で、雨も降ったり止んだりしているとのことだった。そうこうしているうちに、妻からのICQで自宅付近で強い雨が降っていることを知り、危うく散歩をヘタレるところだったが、強い意志でもって何とか踏み留まった。昨夜のうちに、今日はあやめちゃんに会いに行くと決めていたからだ。
 幸い、散歩中に雨に当たることはなかったが、最大瞬間風速16.7m/sという強風のため、多摩境〜相模原の予定だった散歩コースを橋本〜相模原に変更。さらに両駅間をバスで移動する予定だったところ、ちょうどいい時間に便がなかったため、6.6kmを1時間半かけて歩くことになった。
 橋本側の猫拠点には常駐のサバ白がいた。休載にさえならなければ御の字のつもりだったので、安堵の1匹。
相模原市の猫

相模原市の猫

 いつもは目が合っただけで逃げていくサバ白だが、フェンスに遮られているせいか、今日は余裕の表情。
相模原市の猫

 隣の路地には三毛もいた。
相模原市の猫

相模原市の猫

 去年の2月に初めて見かけた子だが、1年前とはだいぶ印象が変わった。もうすっかり大人の雰囲気。
相模原市の猫

 君はとっくに大人になり切っているから変わらないね。
相模原市の猫

 こちらは相模原側。1時間ほど歩いてあやめ邸にたどり着くと、家の前に顔見知りの黒白が佇んでいた。
相模原市の猫

相模原市の猫

 あら、被った。こちらはあやめちゃんの相方の黒白。
相模原市の猫

 なお、俺にはとても冷淡。
相模原市の猫

 個人的には黒い鼻ポチが可愛らしいこちらの黒白がタイプ。昔、立川にも似たような黒白鉢割れがいたが、今はもういなくなってしまった。
相模原市の猫

 3ヶ月ぶりのあやめちゃんは敷地のねぐらで香箱を組んでいた。
相模原市の猫

相模原市の猫

 横から見るとだいぶ畳量感があるな。以前はもう少し華奢な印象だった。
相模原市の猫

 最後に見かけたのは大白斑の三毛。手の施しようがないくらいの小心者なので、食事中のところ、足音を忍ばせて背後からそおっと近寄った。
相模原市の猫

 ……で、振り向いた瞬間、こうなる。
相模原市の猫

 この子はたぶん2017年の子猫なので、今年で4歳だと思う。初めて会った時からまったく歯が立たなかった。
相模原市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 新宿区の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 川崎市の猫

    2021.6.15

    逃亡者多め
  5. 八王子市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 川崎市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP