猫にはちょうどいい陽気


調布市の猫

 昨夜は頭痛のためよほど途中で帰ろうと思ったが、食事が喉を通らないほどではなく、業務も割と暇だったので我慢して朝まで勤務した。本業のあとの猫関係業務も通常通り実施したが、今日も24.0℃まで上がって人間が歩き回るにはやや暑く、体調が良くないこともあってかなりキツかった。そもそも今の職場は交通の便が悪く、最寄り駅の唐木田から緩い坂道をだらだら登って15分かかる。それでも新百合ヶ丘や登戸方面へ向かうならいいが、多くの場合そうでないため使い勝手が悪く、今日のように調布方面で散歩するとなると、徒歩25分かかる京王堀之内を利用することになる。バスは30分に1本しか来ないし、常に遅れるので、想定通りの接続で電車に乗れたためしがない。
 そんなこんなで、10時ちょうどに仕事を終えたものの、直近のバスに間に合わなかったので、例によって職場近くの団地に住む姉妹を訪ねてみた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 エントランスの目立たないところに佇んでいたのはお姉ちゃん。珍しく妹は出てこなかった。
八王子市の猫

 13kmしか離れていない京王多摩川まで1時間半近くかかって、散歩を開始したのは11:24。「これが新快速だったら京都から姫路まで行けてるわ」などと一人ごちながら歩くこと10分で最初の猫を発見した。でもきっと写真じゃ分からないね。
調布市の猫

 ほらいた。
調布市の猫

 横に回ってみると、いつもの黒白が寝ぼけた顔つきで寛いでいた。地面で見るとこんな感じの可愛らしい子。
調布市の猫

「あら、分かってるじゃない」
調布市の猫

 閾値の20℃は優に超えているが、日差しが柔らかいので、猫は日なたで爆睡している。雲が多いので写真は撮りにくい。
調布市の猫

調布市の猫

 砂利を踏む「かり」というわずかな音で目を覚まし、車の下に潜ってしまった。
調布市の猫

 赤道あかみちと思しき細い路地。奥の植え込みにコンビニ袋が絡まっていることには気づいていたが、何か引っかかるものを感じて一度通り過ぎたのを戻ってみた。
調布市の猫

 毛が生えているね。
調布市の猫

「断りなく人のお尻を撮るな」
調布市の猫

 ここは定点の猫路地。例の2匹の縄張りでもあるが、どちらも去年7月を最後に見なくなった。猫に会うことはほとんど期待していなかったが、今日は8ヶ月ぶりに黒いのを見かけた。
調布市の猫

調布市の猫

 お昼寝中のところを悪いね。元気そうで嬉しいよ。
調布市の猫

 恐らく2018年の子猫だろうと踏んでいるが、当時の写真は朝早く撮ったため粗く、虹彩で同定することが難しい。もしそうだったらなお嬉しいんだけれど。
調布市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 川崎市の猫

    2021.6.15

    逃亡者多め
  5. 八王子市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 川崎市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP