彼岸花


立川市の猫

 今朝は立川市内で散歩した。駅から15分ほど歩いたところが出発地点。歩き始めてすぐに茶白が座っているのを発見した。
立川市の猫

 彼岸花と茶白。デジカメで赤を写すとどうしても色がきつくなるなあ。
立川市の猫

 茶白を撮っていたら、家からゴミ出しのおばさんが出てきたので、少し世間話した。何かの取材だと思われていたようなので、散歩しながら猫を撮っていると説明したら、「この辺りは多いのよ、ほらそこにもいるでしょ」。
 言われて振り向いたら黒白がいた。
立川市の猫

立川市の猫

 うーん、やっぱり見落としが多いんだな……。ちなみにこの黒白、Googleのストリートビューにも写っている(たぶんこの子だと思う)。
立川市の猫

 俺は起き抜けに水道水をがぶがぶ飲むので、寒い朝はおしっこが近い。次にこの子に会うまでの間、トイレを探してあちこち彷徨っていたが、見つからなくて漏れそうだった。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 近寄っても平気な子だったが、社会性のある猫らしく、カメラに視線を合わせようとしない。これは敵意がないことを示す行動だ。
立川市の猫

 昼休みはちょっと短めだったので、急ぎ足で近所を巡回した。踏切を渡ってきた茶トラが、道路の匂いを嗅いでいた。交通量の多い場所なので、通りすがりのサラリーマンが心配そうに眺めていた。
立川市の猫

 無事に道路を渡って向かった先は……。
立川市の猫

 餌場だった。この子はたぶん8月25日に線路の向こうで会った子だと思う。通りすがりのおばさんによれば、ご飯を求めて線路や道路を渡って来るということだ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  3. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  4. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢
  7. 立川市の猫
  8. 三鷹市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP