疲れたっす……


青梅市の猫

 毎朝早起きして歩いてばかりいるせいか、6日目の出勤となる今日は心底疲れ果てた。風邪気味でもあり、早退しようとも思ったけど、猫で会社を休んだのでは本末転倒なので、頑張って仕事した。
 今朝は昨日行くつもりだった青梅に行ってみた。事前にチェックしておいた寺院には猫一匹いなかったが、まあそれなりに見つけられた。青梅は猫の町なんだから、もう少しいて欲しい……。
 まずは、いつもの場所で毛づくろいに余念のないキジ白1号から。
昭島市の猫

昭島市の猫

 初めて見たころに比べると、顔立ちがだいぶ大人びてきたな。
昭島市の猫

 そして青梅。目的地のお寺では、寄り合いでもあるのか、近所の年寄りがたくさん集まっていたが、肝腎の猫は1匹もいなかった。仕方がないので電車の時間まで辺りをうろうろ。
青梅市の猫

 うーん、シャム猫というのは顔が分かりにくい……。
青梅市の猫

 車の下に茶白発見。
青梅市の猫

 尻尾を足に巻きつけるのは、踏まれたら痛いからだろうな、たぶん。
青梅市の猫

 道路を挟んだ空き地では、上の写真とは別の茶白がご飯中。
青梅市の猫

 あ、ここにもかたまりが! いよいよ猫の町・青梅の本領発揮か。ちなみに青梅は養蚕が盛んだったので、猫は蚕神として祭られているのだ。これでいいのだ(©赤塚不二夫)。
青梅市の猫

青梅市の猫

 1匹追加。お母さんがずっと見張っていた。
青梅市の猫

 唐突に昼休み。この子もちょうどお昼ご飯が終わったところだ。奇遇だな。
立川市の猫

立川市の猫

 これは日陰なので見つけにくいかな。青いゴミネットの上で、茶トラの子猫が寝ていた。
立川市の猫

立川市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 恆春鎮の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 鎌倉市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  5. 府中市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  7. 杉並区の猫
  8. 川崎市

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP