秋雨と黒白


立川市の猫

 職場のセキュリティポリシーが厳しくなり、仕事中にこっそりブログを更新することが難しくなった。準備が整わないなどの理由をつけて旧環境のまま使い続けているが、そろそろ無理っぽくなってきたので、近いうちに自分のノートパソコンを持ち込んで、iPhoneでデザリングしながら作業することになると思う。
 ノートパソコンはAcerの中古を3万円ほどで買った。HDDをSSDに換装し、メモリを4GBから16GBに増量するなどしたので、当面は不満なく使えるだろう。Photoshopもインストールしておいたが、モニタの色再現性が今いちなので、職場では現像まで行わず、JPEGのリサイズだけに留めておく。キャリアが楽天モバイルなので、データ流量がどれだけ行っても料金は3,278円(税込)で打ち止めだが、自宅の猫サーバに転送するのはテキスト少々とJPEGだけなので、そんなに使うことはほとんどないと思う。
 猫の方は西国立~甲州街道(7.9km)で見かけた4匹を。秋雨前線が日本付近に停滞しているため、九州から関東の広い範囲で強い雨が何日も降り続いている。せっかくの休暇だった土日はどこへも出かけられず、夜勤の今日も傘を差しながらの猫散歩となった。もっともほとんど風が吹かないので、軒下には猫が雨宿りできる程度のスペースが残っており、今日のメンツもだいたいそんな感じのところに佇んでいた。
立川市の猫

 ここは庇と出窓で二重に保護されているね。
立川市の猫

立川市の猫

 少し遠かったので、背後に回り込んでもう1枚。たまにここらで見かける子ではあるけど、もう1匹の黒白と勘違いしていた。
立川市の猫

 民家の裏庭で顔見知りのチョビ髭を発見。もたもたレンズ交換しているうちに、塀の隙間へ逃げてしまった。
立川市の猫

 カメラの外側はいつも雨で濡らしているけど、内側が濡れちゃうと困るんだよね。
立川市の猫

「それを俺に言ってどうしろと?」
立川市の猫

 ブアイソーズの第二宴会場に黒白が佇んでいた。
国立市の猫

国立市の猫

 満ち足りた生活を送っているからか、カラスがご飯をつまみ食いしても、まったく意に介さない。元からの宴会場は猫ボックスなどが片付けられ、すっかり人間専用に戻ったようだ。かつてのご飯の婆さん邸は夏草が高く生い茂っていて、人が住んでいるのかさえ定かではなくなっていた。
国立市の猫

 今日の猫は4匹とも黒白。最後は特に黒味の強い猫だった。
国立市の猫

国立市の猫

 よくよく見るとバレていた。右隣では相方のゴージャスぱっつん黒白も寝ていたが、茂みに阻まれて写真は撮れなかった。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 川越市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2021.10.21

    東京脱出(3)
  3. 府中市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 三浦市の猫

    2021.10.17

    東京脱出(2)
  6. 三浦市の猫

    2021.10.14

    東京脱出(1)
  7. 立川市の猫

    2021.10.13

    注意力散漫
  8. 新宿区の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP