六花を立てれば茶トラが立たず


八王子市の猫

 今日は夕方まで降らないと思っていたが、夜勤を終えて多摩センター駅に着いてみると、細かい霧雨がほんのわずかに舞っていた。なぜそのような微少な雨を検知できるのかというと、小さな雨粒が眼鏡のレンズにつっつくからだ。眼鏡のレンズにつくということはカメラのレンズにもつくわけで、撮影には不向きな悪天候にがっかりしつつ六花谷へと向かった。
 いつもの階段にたどり着いてみると、常駐の人懐っこい茶トラが中腰で佇んでいた。何となく不穏な空気なのは気のせいかな。
多摩市の猫

多摩市の猫

 やっぱり! 六花咪と睨み合っていたのだった。
多摩市の猫

 階段の上と下で鳴き合っている。どちらもここを自分の縄張りだと思っているからなあ。
多摩市の猫

 一度に2匹の相手をすることはできないので、先に六花咪と一緒に階段を上った。ここはあいつの寝床だから後ろめたいのだけれど。
多摩市の猫

多摩市の猫

 一通り六花咪を構ったあと、階段下へ様子を見に行ってみると、すっかりふて腐れていた。これは遊んでもらえる雰囲気じゃないな……。
多摩市の猫

 臍を曲げた茶トラを諦め、六花谷をあとにして坂道を登っていると、行く手に猫が座っていた。
多摩市の猫

 誰かと思ったら黒白ボス。二重橋の奧さんのところへ行っていたのかな。
多摩市の猫

 湿っぽい目つきでこちらを見ているので、思わず一握りのカリカリを差し出してしまった。
多摩市の猫

 こちらは二重橋の奧さんではなく、池のほとりの奧さん。黒白ボスとの間に生まれたという子猫に会いに来てみたが、あいにく今日も出てこなかった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 奧さんは割と人慣れしている。呼べば様子を見に出てくる感じ。
八王子市の猫

 前回も今回も冴えない天気で、せっかくの美人が美人に撮れなくて辛い。もう少し秋めいてからまた来ようかな……。
八王子市の猫

 予定では池のほとりからもう少し足を延ばすつもりだったが、ほどなく霧雨が強くなり、景色が霞んで見えるほどになったため散歩は断念。最後の猫は地元の駐輪場で雨を避けていた。
府中市の猫

府中市の猫

 6月下旬にも見かけたキジ白。また会えるような気がしていたよ。
府中市の猫

 明日から二連休だが、あいにく雨がちのようなので、どちらも散歩はお休みするかも知れない。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 小平市の猫
  2. 多摩市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2021.10.21

    東京脱出(3)
  3. 府中市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 三浦市の猫

    2021.10.17

    東京脱出(2)
  6. 三浦市の猫

    2021.10.14

    東京脱出(1)
  7. 立川市の猫

    2021.10.13

    注意力散漫
  8. 新宿区の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP