るーるーるーが分かる世代


昭島市の猫

 薄曇りの今日は朝から南風が強くて暖かく、これを書いている21時でもまだ19.4℃もある。今年も厳しい夏になるのかと思うと、猫関係業務の過酷さにげんなりし、電気代がかかることにげんなりし、夜勤の出退勤を考えてげんなりし、都合3回げんなりして散歩を開始した。
 今朝のコースは地元駅の北側。先日も書いたが、以前はよくいた貨物線の線路端ではまったく見なくなり、その付近にいた黒白や茶色いのも、神隠しに遭ったかのごとく見かけない。風が強いから出て来ないのかも知れないし、新しい餌場ができて縄張りを変えたのかも知れないし、あるいはその他の理由があるのかも知れない。外猫との交流には、そうした理由が「分からない」という一抹の寂しさがある。
 線路から離れて少し歩いたところで、ようやく1匹の黒を見つけた。
福生市の猫

福生市の猫

 君の仲間は、いったいどこへ行っちゃったんだろうね。
福生市の猫

 つつじの咲く遊歩道を歩いていると、脇に入ったところで草を食べているのが1匹。
福生市の猫

 公園で時々会う三毛じゃないの。こんなところまで出張っているんだね。
福生市の猫

 縄張りに戻る三毛のあとについて、いつもの公園にやってきた。先日の桜の絨緞はすっかりなくなって、代わりに藤の花が咲いていた。
福生市の猫

 今日も割とご機嫌で、にゃあにゃあ鳴いてはごろごろすりすり。カメラを向けたら離れてしまったけど(動画)。
福生市の猫

 公園からさらに行くと、路地の向こうに灰色のがいた。
昭島市の猫

 狐っぽい風貌の灰白。るーるーるー。
昭島市の猫

「あんたは由紀さおりか」
昭島市の猫

 んっ、いい返し! でも若い人には分かんないと思うよ。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 中央区の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 白河市の猫
  3. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  4. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  5. 昭島市の猫
  6. 府中市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP