« 11月 2018 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2018-11-26
酒肴猫

 今朝は出勤前に用があり、職場には少し遅刻すると伝えてあったので、昨日みたいに早起きしないで済むと思っていたんだが、朝になったら全体的にヘタレてしまって、布団から這い出たのは7時すぎ。散歩する時間はまったくなかった。
 とはいえ我が家の近所は猫の巣窟なので、散歩らしい散歩をしなくても、駅やバス停へ向かうだけでそれなりの数の猫に会える。猫ヶ丘の猫民家を覗いてみると、果たして裏手の空き地に2匹の猫が佇んでいた。
日野市の猫

 先に分かりにくい方から。塀に立てかけられた脚立の上に井上陽水。
日野市の猫

 地面には黒。どちらも出現率は高くなく、引っ越す前にできるだけたくさん会っておきたい子。
日野市の猫

 定点の猫民家でご飯を待つ2匹。
日野市の猫

 黒白はとっとと逃亡。長毛クリームは俯いたまま動かない。
日野市の猫

日野市の猫

 逃げ切ってしまうと朝ご飯を食べ損ねるので、黒白はこのような位置に留まっている。
日野市の猫

 日が差す前の庇の上から周囲を睥睨する猫発見。
日野市の猫

日野市の猫

 キジトラなのか二毛なのか、微妙な毛色で思い出した。あれは6月の雨の朝、近所の土蔵の天井裏で見かけた母猫だ。君は高いところが好きなんだね。
日野市の猫

 猫ヶ丘の高台を下りるとスッパニャンの家がある。すでにカメラに気付いて縮み始めたところ。
日野市の猫

日野市の猫

 こいつには徹底的に嫌われていて、目が合っただけで縮んじゃうし、カメラなんか向けた日には、炙ったイカみたいに丸くなっちゃう(©八代亜紀)。
日野市の猫