そこは逃げ道なのでどいてください


国立市の猫

 日勤前の散歩は今月3日以来。朝5時に起きてみると想像以上に真っ暗で、今朝はそんなに曇っているのかと思って一瞬がっかりしたが、よく調べたら日の出まで1時間半近くもあるのだから、暗いのは当たり前なのだった。
 気温が2.5℃で底を打った6時前に家を出た。早すぎることは承知していたが、今日の散歩地である矢川~谷保はそうしないと時間が足りない。南武線沿線をゴール地点にすると、稲田堤を経由して多摩センターへ向かうことになり、距離が嵩んで時間がかかるからだ。
 最初に立ち寄ったブアイソーズ公園に猫影はなく、第二宴会場には何匹かいたものの、朝食は当分先と見えてどれも生気がなかった。日の出から20分後じゃ暗いし寒いし仕方がない。霜が降りていないだけまだマシとも言えた。
国立市の猫

国立市の猫

 こちらに気付いて顔を上げたキジ白。俺も美味しいものは持ってるけど、家の人がくれるなら、そちらを待った方がいいね。
国立市の猫

 「分かっているよ。ここの人には感謝しているんだ」
国立市の猫

 床の2匹はまったくこちらに興味なし。
国立市の猫

国立市の猫

 矢川から谷保というと、かつてなら木道の公園に住む白と黒白に会うのが定番だったが、2014年の暮れを最後にどちらも姿を見なくなった。公園の改修工事が始まる前のことであり、どこかで元気にしてくれていればいいんだが、確かめる術はもうない。その代わりというか、今朝はこのコースでとても久しぶりに新顔を見かけた。
国立市の猫

国立市の猫

 新顔つってもフレッシュな感じではないけれども。ここは滅多に通らないコースだからなあ。
国立市の猫

 「写真を撮る」という行為が分からないキジ白は、餌をくれるでも襲ってくるでもない人間を、怪訝そうに眺めている。
国立市の猫

 とある公園にたどり着くと、花壇で灰白猫がぽつねんとしていた。
国立市の猫

 そこじゃ撮りにくいなー。ちょっとだけ出てきてくれるとありがたいんだけどなー。
国立市の猫

 ほれほれ。
国立市の猫

国立市の猫

 出てきてくれたのは良かったが、そのまま目の前を通り過ぎて、空き地の奥で止まってしまった。ちなみにこいつは顔見知り。会うのは4月下旬以来。相方の黒白は見なかった。
国立市の猫

 散歩で見かけた猫は以上の5匹。最後の1匹は稲田堤の乗り換えで発見した。
川崎市の猫

 塀を背もたれにして毛繕いしていた黒白。もともとここには病院が建っていたが、少し前に移転して更地になった。今年の春、一度だけここで猫を見かけたことがあり、更地になったんじゃもう会えないだろうと思っていたが、普通にいたんだな(しかも同じ子)。
川崎市の猫

 おお、もしかして懐いてくれるとか?
川崎市の猫

川崎市の猫

川崎市の猫

 ……と思っていたら、退路がここしかなかったらしい。この直後、フェンスの下の隙間をくぐって、ものすごい勢いで逃げて行った。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 浦安市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 所沢市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP