南風に吹かれて


立川市の猫

 好天となった今日はある種の悲壮感をもって真っ昼間の散歩に臨んだが、気温こそ33.5℃(八王子アメダス)を記録したものの、かなり強い南風が吹いていたお陰で、汗をかいてもすぐに気化してくれて、街なかを歩く分には何の苦もなかった。猫の方はやや淋しい結果だったが、梅雨明け前とはいえこのくらいの気温になってしまうと、もはや真夏と何ら変わりなく、いてくれただけでありがたい。
 真にヤバいのは今日よりも明日で、最高気温は何と39℃が予想されており、猫どころか自分が生きて家に帰れるかすら不安なレベルだ。電力不足が叫ばれる折、節電すればポイントがもらえるという、他所の国に知られるのも恥ずかしい施策がなされるらしいが、我が家はそうしたことに参加するつもりはない。部屋を冷やさなければ健康を損なうし、夜勤明けで帰っても寝られず、仕事にも影響して生活が脅かされるからだ。
 ……まあそれはそれとして今日の猫。ラッキーだったのは家を出てすぐ、車の下に潜む武蔵の姿に気づいたことだった。
府中市の猫

府中市の猫

 むこうもこちらに気づいて顔を出した。武蔵はその辺をほっつき歩いていることが多いので、このパターンは珍しい。
府中市の猫

 やあ。今日は暑いね。
府中市の猫

 ごっ。
府中市の猫

 今日の散歩は西国立~立川の5.6kmを歩いてみたが、この暑さなので既知の猫拠点はことごとく空っぽ。学校裏の猫アパートももぬけの殻で、がっかりして歩き出すと、行く手の車の下に猫の下半身が見えて来た。
立川市の猫

立川市の猫

 キジ白の母。自分のねぐらは暑いので、近所へ出張って涼んでいるのかな。
立川市の猫

 このあと、車の下で艶めかしく転がり始めたが、場所が場所だけにどうにもならなかった。
立川市の猫

 こちらは砂利の猫駐車場。いつもは裏口付近で粘っているキジ白も、さすがに日陰に入っている。
立川市の猫

立川市の猫

 明日は今日よりもさらに6℃以上暑くなるらしいよ。まあお互い頑張ろう。
立川市の猫

 最後に上矢印邸に立ち寄ってみたが、家の前に車が止まっていて、何かの工事をしているようだった。これじゃ猫はどこかに隠れているかなと思って諦めかけたが、よくよく見たら普通に地面に伏せていた。
立川市の猫

 放熱モードの茶白は初めて見る顔。どこかから流れて来たのかな。
立川市の猫

 しかも茶色い部分は霜降り、いわゆる一つのred ticked tabby and whiteだった。ここの猫は上矢印ちゃんと相方の2匹が最後だと思っていたけど、君が来たなら今後もたまに覗いてみないとね。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 多摩市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 府中市の猫

    2022.11.25

    実は仲良し?
  2. 日野市の猫

    2022.11.24

    黒は判別困難
  3. 三浦市の猫
  4. 三浦市の猫

    2022.11.22

    漁港で再会
  5. 府中市の猫
  6. 川崎市の猫
  7. 八王子市の猫

    2022.11.17

    井戸端猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP