踏んだり蹴ったり


日野市の猫

 今月7日以来となった夜勤前の散歩。猫ヶ丘の猫たちを訪ね歩く前に、いつもの床屋に寄って伸び切った髪をばっさりやってもらい、爽やかな出で立ちで猫を探し始めたのは13時半より少し前のことだった。ところが予想に反して猫たちの姿が見えないし、雨は降ってくるしでさっぱり調子が出ない。何とか粘って馴染のクリーム白を見つけたまでは良かったが、「おいでー」と手招きしてしゃがんだ途端、スラックスの内股部分が裂けてしまい、俺の生白い太腿が露わになったのである。タイミングの悪いことにちょうどそのころ小中学生の下校時間で、そのまま歩き回ったのでは防犯ブザーの紐を引かれることが確実だったため、散歩続行はその場で断念した。タクシーアプリでタクシーを呼び、最寄りの紳士服店まで15分ほど走って替えのスラックスを買い、超特急で裾上げしてもらって再び社会人らしい服装に戻ったが、夜勤の始業時刻には30分ほど遅れてしまった。仕事の前に色々ありすぎて今はもうただ眠りたい。
 1匹目の茶トラ白は警戒心が強すぎて接近不能。
日野市の猫

日野市の猫

 いくら慎重にやってもこれが限界。猫ヶ丘にここまで臆病なのいたっけか。
日野市の猫

 2匹目は荒れた庭をお散歩中のクリーム。この辺りで時々見かける子。
日野市の猫

 引くとこんな感じ。放置モードで庭なのか何なのか判然としない。
日野市の猫

 民家の敷地で馴染のクリーム白が伸びていた。
日野市の猫

日野市の猫

 放熱モードではあるけど、今日はそれほど暑くない。八王子アメダスでは正午すぎに記録した27.7℃が最高で、日差しはまったくなかった。
日野市の猫

「単にだらけているんだよ」
日野市の猫

 猫が丘の急坂を仰ぎ見るとこんな感じ。さっきからその辺をうろうろしているのに、猫の存在にまったく気付いていなかった。
日野市の猫

 ほら、みんな見てるぞ。
日野市の猫

 いちばん初めに見かけた茶トラ白かと思ったら、模様が微妙に違っているね。
日野市の猫

日野市の猫

日野市の猫

 そんな俺たちの様子を地面から見上げているのもいた。
日野市の猫

 この時すでに俺の太腿は露わになっていた。当初はコンビニで裁縫セットを買って仮止めしようかとも思ったが、太腿が露わすぎるし、そうこうしているうちに下校の小中学生が次々に現れるので、そこまで行くのも無理と悟った。タクシーで自宅に戻るとなると5,000円以上かかるが、よく考えたら数km先に紳士服のチェーン店があることを思い出し、そこで新しいものを買う方を選んだ次第。通常1週間かかる裾上げを1時間でやってくれたことには感謝しているが、どうも大手紳士服チェーン店というのは高値で安物を掴まされている気がしてならないんだよなあ。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 昭島市の猫

    2022.10.3

    潜伏者
  3. 府中市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日高市の猫
  6. 日高市の猫
  7. 昭島市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP