リビアヤマネコに会いに


立川市の猫

 今日は長い前置きから。
 知っている人は知っていると思うが、市井で一般的に猫と呼ばれているのは、ネコ科ネコ属ヤマネコ種イエネコ亜種に分類される動物で、ルーツとなるのは野生のリビアヤマネコだ。ただし、リビアヤマネコが進化したのではなく、家畜化したものがイエネコだ。
 紀元前9500年ごろ中近東から始まった農業革命によって、人類は「そこにあるものを獲って食べる」だけの不安定な狩猟採集型の生活から、計画的に穀物を栽培することで食料を賄う農耕型へとシフトした。人類と猫との生活はそれとほぼ同時に始まっていて、やはり紀元前9500年ごろのものと思われる墓から、人間と一緒に埋葬された猫の骨が見つかっている。鼠を捕って農作物を守るだけでなく、疫病の抑止にも役立った猫は、古代エジプトなどで早くから神格化されていたようだ。
 恐らくリビアヤマネコは、最初、ただそこに鼠がいるから里に下りたのだろう。しかしそのうちに、鼠害に悩む人間の方から猫を招くようになり、餌を与えられ、次第に距離を縮めていったのではないかと思う。
 ところで、多くの野生哺乳類の被毛は一本一本が黒と褐色の層になっていて、これをアグチパターンと呼ぶ。リビアヤマネコもアグチパターンの毛色を持っていて、これはイエネコで言うところのキジトラだ。キジトラの毛色は「野生型」と呼ばれていて、その遺伝子型はすべてのイエネコの毛色の基本型になっている。すなわち、キジトラ以外の猫は、毛色に関する遺伝子のどこかが変異しているということだ。突然変異で生じた風変わりな毛色は、野生であれば不利になって淘汰されただろうが、人間との生活を始めたイエネコにおいては、特に不利益を被ることもなく生き残ったものと思われる。あるいは、むしろ人間の方で、そうした毛色を稀少なものとして珍重したかも知れない。
 前置きが長くなってしまったが、俺は猫の毛色の遺伝に興味があるので、本物のリビアヤマネコを一目見てみたかった。ネットで色々な動物園を当たってみたが、なにしろ見た目がキジトラだから客寄せにもならず、展示しているところが見つからない。色々探し回った末、ようやく横浜のとあるペットショップで飼育展示していることを知ったので、早速行ってみることにした。見学と撮影の許可は事前に取っておいた。
 家を出て2時間後、まずは金沢文庫の駅から散歩スタート。この辺りは何度も来ていて土地鑑があるので、駅の周りを適当に歩いていると、広い駐車場で寛いでいるのがいた。
横浜市の猫

 おー、キジトラじゃん。アグチパターンだ。
横浜市の猫

 「今日は君のルーツを訪ねて来たんだよ」と一歩前に出たら逃げた。何だよー。
横浜市の猫

 通勤時間帯を避けて来たので、散歩開始は11時近く。もうお昼寝タイムに入っちゃったかな。
横浜市の猫

横浜市の猫

 「そうだよ。寝てんだよ」
横浜市の猫

 「早くあっち行けよ」
横浜市の猫

 早朝降っていた雨が止んで曇っていたが、しばらく歩いているうちに青空が見えてきた。車の下に1匹いるね。
横浜市の猫

 しゃがんで呼んだら車の下から飛び出してきた。
横浜市の猫

 んー、人懐っこいねー。
横浜市の猫

横浜市の猫

 ちょっとヨレ気味のお婆ちゃん猫。一通り遊んで車の下に戻って行った。
横浜市の猫

 唐突にリビアヤマネコ。
横浜市の猫

 本来はもっと広い部屋にいるそうだが、体調があまり良くないとのことで、今日は療養部屋に入っていた。店長さんと思しき人がついてくれて、その間ガラス窓を開放して写真を撮らせてくれた。見た目はただのキジトラだから、普通の動物園じゃ客受けが悪いのだろうが、イエネコを知る上で欠かせない存在ということで飼育展示しているそうだ。ちなみにここは「購入できる動物園」がコンセプトのペットショップだが、リビアヤマネコは展示のみで販売はしていない。もし飼えたとしても、一緒に寝たりなんかしたら、食べられちゃって翌朝骨だけになってたりして。
 かなり暗い場所だったので、写真はみんなブレまくり。資料としても不十分なので、体調が良くなったころを見計らってもう一度行ってみる(こちら)。
横浜市の猫

 親切な店長さんにお礼を言って店を出て、帰りは南武線を回って西国立で途中下車。いつもの猫路地に寄ってみると、塀の上で怒りんぼの三毛が寛いでいた。
立川市の猫

 今日は穏やかな感じでちょっと拍子抜け。また来るよ。
立川市の猫

立川市の猫

 七三ロードにも寄ってみた。アパートの敷地で寝ているのは母だな。
立川市の猫

 ほかのみんなはどこへ行っちゃったの?
立川市の猫

 最後に会ったのはチョビ1号。塀の上で大あくび中。
立川市の猫

立川市の猫

 蒸し暑くてだるいねえ。動画はこちら
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 奥多摩町の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 所沢市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 横浜市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  3. 昭島市の猫
  4. 新宿区の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  7. 小金井市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP