猫置き場にて


立川市の猫

 昨日の15時半ごろから今朝4時までグースカ寝たので、すっきり目覚めて疲れも取れた。張り切って散歩しようと思って6:20に家を出たが、空はどんより曇って写真を撮るには暗い朝。革靴を新調したばかりで靴擦れがひどい上に、寝ている間にサチコが足とじゃれていたらしく、引っ掻き傷まで出来ていたので、長い距離を歩くのもためらわれた。行き先も決めずに電車に乗って、何となく降りた駅は西立川だった。
 家を出て最初に会ったのは麦わら1号。路地の向こうで草の匂いを嗅いでいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 麦わら1号には微妙に避けられていて、今朝は目線すらもらえなかった。
昭島市の猫

 美人さんの公園に美人さんの姿はなく、10分あまりバスに揺られてスタート地点に降り立ったのは7時前。以前は古びた酒屋のあった空き地の向こうに猫発見。
立川市の猫

立川市の猫

 奥の庇の上にも黒白がいた。2匹とも酒屋の屋根の上でよく見かけた猫たちだが、酒屋なき今は隣の家に移動したらしい。
立川市の猫

 体調は良さそうだけど、少し痩せたかな。
立川市の猫

 一向に明るくなってくれない空のもと、さらに歩くともう1匹発見。ここで見つけるのは初めてかな。
立川市の猫

立川市の猫

 近寄った分だけ離れて行って、最後は門の向こうに消えてしまった。
立川市の猫

立川市の猫

 ゆっくり1号。
立川市の猫

 今朝は珍しくごろーんなし。指の匂いを嗅いだあと、ご飯を食べにねぐらへ戻って行った。
立川市の猫

 神出鬼没のチョビ1号は庇の上。
立川市の猫

 この距離でも呼べば来そうな感じだったけど、あまり時間がないのでやめといた。
立川市の猫

 もしやと思って立ち寄った猫置き場に収まっていたのは、七三ファミリーの母だった。
立川市の猫

 何度来ても、ここで待っていれば、にゃあにゃあ鳴きながら父や子供たちが現れるような錯覚に陥る。ほかの家族の消息は必ず調べるから、もう少し待っていてくれ。
立川市の猫

 母と別れてモノレールの駅に急いでいると、寿司屋の陰から店番の三毛が出てきた。
立川市の猫

 とことこ。
立川市の猫

 むしゃむしゃ。
立川市の猫

 べろん。……そういえば、俺は昨日寝る前から何も食べていないんだった。お腹空いたなあ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.2.28

    無関係な3匹
  2. 八王子市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  5. 府中市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 相模原市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP