フォーン君の公園と猫実猫(2)


浦安市の猫

 今日は朝から雨のぱらつく天気だったらしい。「らしい」というのは、俺自身は雨に当たることなく仕事から帰ってきて、そのまま布団に直行して夜までグースカ寝ていたからだ。さる筋から黒白と白の住む谷保の公園に猫が4匹いるという情報を得て、寄ろうかとも思っていたんだが、あそこは駅から遠いのでやめといた。もうすぐ南武線猫行脚で歩くことになるから、その時に行ってみる。今日の記事は、24日に猫実に行った時の続きから(前回はこちら)。
 朝のうちはフォーン君の公園に住む2匹の三毛を訪ね、東西線に乗って浦安に着いたのは10時すぎ。空は真っ青に晴れ渡って、思っていたより暑くなってきた。最初は立て続けに2匹見つけたものの、その後は芳しくなく、40分ほど猫実の街なかを彷徨って、ようやく路地で毛繕い中の2匹を発見した。
浦安市の猫

 まだ小さいな。逃げられるかな。
浦安市の猫

浦安市の猫

 良かったー、人懐っこい子だー。あてもなく彷徨って猫に遭遇するのも、逃げずにいてくれるのも単なる偶然だから、こういう時はホントどきどきするわー。
浦安市の猫

 2匹の茶トラ子猫のうち、こちらは目がうるうるになっている方。子猫は外界の色々なものに触れて、あちこちに炎症を起こしつつ、徐々に免疫力を獲得していく。頑張れ。
浦安市の猫

 うるうるじゃない方の茶トラは、少しおっかなびっくり。兄弟なんだろうけど、もうだいぶ性格が違うんだなあ。
浦安市の猫

 路地の向こうでは、でかいのがごろんごろん。
浦安市の猫

浦安市の猫

 でかいのがいちばん臆病だったりする。近寄ったら民家の敷地に入ってしまった。
浦安市の猫

 うるうる君は太陽に向かって気持ち良さそうにしている。あまり動きはないけど、一応動画も撮ってみた。
浦安市の猫

浦安市の猫

 塀の上にいた茶トラ白の子。ここには3匹の子猫がいるようだ。
浦安市の猫

 黒白が子猫たちの様子を眺めていた。このほかにも大きな猫が何匹かいたが、茶トラや茶トラ白の男の子(OY)はX染色体上に茶色遺伝子Oがあるので、母は茶猫(OO)や二毛・三毛(Oo)ということになる。なので黒白は母ではない(父の可能性はある)。
浦安市の猫

 奥の方から別の黒白がこちらを窺っていた。ここにはたくさんいるなあ。
浦安市の猫

浦安市の猫

 今日は会えて嬉しかったので、一つアップで頼むよ。
浦安市の猫

 近すぎるのはイヤだったらしく、日陰に引っ込んでしまった。
 しばらく天気が芳しくないようだし、そろそろコタツやストーブを出したりもしたいので、明日も散歩はお休みして、猫実猫の続きを掲載する予定。
浦安市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 高雄市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 相模原市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP