広域猫散歩(1)


昭島市の猫

 昨日は残業した上に午後から来客があって、あまり散歩の時間が取れなかったので、今日はその分を取り返すべく、自転車に乗って広い範囲を走り回ってきた。自転車というのは猫探しには不利で、車両である以上、あまりよそ見ばかりするわけにも行かない。しかし、今日行きたかった猫拠点は、バスすらろくに走っていない場所が多く、拠点間の距離も長かったので、徒歩では土台無理。結果的には約5時間かけて25kmほど走ったが、平均速度が5km/hで徒歩と変わらないのは、途中とても人懐っこいのがいて、長い時間足止めを食ったからだ。
 1匹目は家を出て3分後に遭遇したキジ白。時刻は8時ちょうどで、このぐらいの時間なら、日差しから赤味が取れているかなと思っていたが、考えてみたらもうすぐ冬至。南中高度が低くて、ほぼ一日中赤いままなのだった。
昭島市の猫

昭島市の猫

 ここは自宅から200mほど離れたところにある猫民家。引っ越してきて見つけたわけではなく、去年1月にたまたま通って知った。
昭島市の猫

 川を渡って八王子市に入り、人通りの少ない農村地帯を走っていると、納屋に張り付いている白い背中を発見した。
八王子市の猫

 窓から何か出てくるようにも思えないけどなあ。
八王子市の猫

「お尻を温めているの。女の子は色々大変なのよ」
八王子市の猫

 朝日の差し込むカーポートでご飯待ちの風情。
八王子市の猫

八王子市の猫

「君はねぐらを求めて彷徨っているのかい? 早く見つけないと、冬を越せないよ」
八王子市の猫

 なんかリア充目線だな。
八王子市の猫

 山の上の住宅街。整然としてはいるが、近くに商店もコンビニもなく、バスの本数が多いことを除けば、奥多摩の猫集落とあまり変わらない。不便な場所には猫が多い。
八王子市の猫

 ほらいた。
八王子市の猫

 敷地の外から最接近を試みるも、敷石につまずいたら逃げてしまった。何てこったい。
八王子市の猫

八王子市の猫

 枯れ葉の吹きだまりで寝ているのもいた。
八王子市の猫

 茶トラは枯れ葉が好きなようだけど、だいぶ色が違っているね。どっちかというとキジトラ向きの場所。
八王子市の猫

「呼んだか?」
八王子市の猫

八王子市の猫

 猫接近中。
昭島市の猫

 のしのし。
昭島市の猫

 ずんずん。
昭島市の猫

 ごろーん。人懐っこい子だー。
昭島市の猫

昭島市の猫

 ところ変わってここは再び昭島市内。街外れの猫拠点で、見覚えのある麦わらの二毛に会えた。
昭島市の猫

 前回会ったのは去年の12月で、ちょうど1年ぶり。最初はおっかなびっくりだったけど、ちょっと撫でたらこの有様。
昭島市の猫

 すりすり。
昭島市の猫

「もっと撫でてー」
昭島市の猫

 かつてここにはたくさんの猫がいたが、今はこの子が1匹で縄張りを守っているようだ。ずいぶん淋しくなっちゃったな。
昭島市の猫

 次いつ来られるか分からないし、来た時にまた会えるとも限らない。まだ行程の半分も来ていなかったが、ここで1時間近く足を止めて、人懐っこい麦わらと濃密に遊んだ。動画も撮った。
 このあと会った猫たちは、また明日。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 銚子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  2. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 奥多摩町の猫
  8. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP