近くて遠い母子の縄張り


立川市の猫

 今日の散歩は西国立から北町バス停までの3.5km。途中見かけたソメイヨシノは五分咲き~八分咲きくらいになっていて、好天が続いているせいか例年より展開が早いような気がしている。風が強く、雨までぱらついていた割に猫の方は盛況で、懐かしい顔も見られて嬉しい散歩となった。
 西国立駅をスタートしたのは12時半すぎ。怒りんぼさんの路地を抜けて広い道路に出ると、駐車場の隅に三毛がいるのが目に入った。あれはきっと知ってる子。
立川市の猫

立川市の猫

 久しぶりだな、元気だったか。
立川市の猫

 俺の知る限り、この子は2011年8月にはここで暮らしていて、近寄って挨拶できたのはその翌年。広い駐車場を駆け回っていたのがずいぶん昔のことのように思える。
立川市の猫

 学校裏の猫アパート。ユキヤナギの咲き乱れる猫ボックスに母がいた。
立川市の猫

 起こしちゃったみたいね。
立川市の猫

 飛び出してきて、ごろーん。カメラの設定をシャッター優先にする暇がなくてブレるよー。
立川市の猫

立川市の猫

 階段ですりすり。今日はとても機嫌がいいみたい。
立川市の猫

 かつて母は4匹の子供を産んだが、1匹また1匹といなくなり、最後まで残ったのは個性的な顔つきの息子1匹のみ。それも大人になって縄張りを変え、2016年11月に見かけたのを最後に消息が分からなくなっていた。
立川市の猫

 ところが何とその息子、学校の反対側でのほほんとしているではないか!
立川市の猫

 この直後、逃げられてしまったが、元気な姿を見られて良かった。今でもたまには150m離れた母の元へ帰っているのだろうか。
立川市の猫

 今日の散歩は顔見知りが続く。あれに見えるはチョビ髭の黒白。
立川市の猫

立川市の猫

 こいつはこの近くの別の家に身を寄せていたはず。4軒隔てて同じの猫の面倒を見ていることに、両家の人は気付いているのであろうか。
立川市の猫

 今日の嬉しい再会、2匹目。
立川市の猫

立川市の猫

 といっても去年10月以来だから、半年にもならないんだけれども。いつもいる子に会えずにいると気になっちゃって。
立川市の猫

 散歩の終盤は緑道で見かけた2匹。iPhoneで桜の写真を撮っていたら、フレームに猫が入ってきたので、慌てて一眼に持ち替えて撮った。桜は五分咲きぐらいかなあ。
国立市の猫

 あっ、待って、行かないでー。
国立市の猫

 猫懐っこい人間が手ぶらで来るはずがないと思っているらしく、何もない地面を嗅ぎ回っている。
国立市の猫

 気配を察してもう1匹登場。
国立市の猫

国立市の猫

 ここは立川勤務時代によく訪れた場所で、馴染の猫の中には黒もいたが、こいつだったかどうかはもう思い出せない。ゴメン顔の茶トラ白は姿を見せなかった。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 横浜市の猫
  2. 東村山市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP