池のほとりの家族


八王子市の猫

 10月の伊豆諸島猫旅で八丈島の猫たちに会った際、毛色や尻尾に特定の傾向が見られることが分かり、それらは離島という隔絶された環境で祖先から脈々と受け継がれた形質なのではないかと想像している。とりわけ八丈島と青ヶ島は人間の生活や文化の面でもほかの島々と違っていて、その代表的な一つとして挙げられるのは特殊な方言だ。八丈島の記事を書くにあたって少し調べたところ、八丈語とも呼ぶべきこの方言は我が国のどの地域とも異なり、上代東国方言を含む古代日本語の文法的特徴を色濃く残しているそうだ。このブログの過去の記事に書いたように、世界の言語(語族)と遺伝子の分布には密接な関係があって、俺は猫の毛色にもそれらとの結びつきがあるのではないかと疑っている。八丈島と青ヶ島の言語がほかの島と異なるのは黒潮で分断されているからで、これは本土で言えば峠や河川で分断されているのと同じことだ。交通機関の発達していない昔、閉ざされた環境下で言語などの生活文化がそれぞれの地域で発展したのと同様に、そこで交配を重ねる猫の毛色も特定の傾向を持つようになったのではないか、という想像レベルの話である。
 俺の父は生前、趣味でアイヌ語の語彙収集をしていて、時間を見つけては浦河や平取などのアイヌコタンへ出かけていた。アイヌ語は文字を持たないので語彙収集には録音が必須で、帰宅してからローマ字に起こすのはなかなか大変だったようだ。父がその作業に没頭していた1980年代、アイヌ語の話者を見つけることは容易かったが、1996年の調査で15人だったものが2017年にはたった5人に減ったというから、言語としてはすでに絶滅したと考えていいと思う。そしてそれは八丈方言やほかの言語でも簡単に起こり得る。俺は言語の変化というのは非常に緩やかに起きるものだと思っていたが、テレビやラジオが普及してからは標準語化が急激に進んだし、インターネットが普及した現在は国の枠組みさえ超えてさらにそのスピードを増している。俺が父や興味を持ったようなテーマをフィールドで調査することは、今後少しずつ困難になっていくはずだ。
 今日の仕事帰りは六花谷から東中野に至る峠越えのコースを歩いた。秋の深まった六花谷は夥しい数のどんぐりで埋まっていたが、音を立ててそれを踏み潰しても耳ざとく駆け寄ってくる猫はもういない。何となく落ち込んでしまって、ほかのコースにすれば良かったと後悔したが、行く手の遥か先に小さな猫影を認めてほっとした。
八王子市の猫

八王子市の猫

 池のほとりの妻はこちらに気づいて鳴いている。何気ない反応だけど、あの子に鳴かれるのって初めてかも。
八王子市の猫

 もしかして、親密度が増しましたかね?
八王子市の猫

「……」
八王子市の猫

「お母さんは寒がりだからよく鳴くのよ」
八王子市の猫

八王子市の猫

 ちょうど1ヶ月ぶりの娘はすっかり冬毛でふくよかな印象(前回はこちら)。11月1日といったらまだまだ夏日が続いていたのに、明日は氷点下まで下がる予報だからなあ……。
八王子市の猫

 見返りの娘。もう1匹の娘はどこかへ出かけているのか不在のようだった。
八王子市の猫

 気配を察して黒白ボスも現れた。
八王子市の猫

 王蟲的佇まいでこちらを見つめている。
八王子市の猫

 以前は400mほど離れた六花谷へ出張ることもあったが、今はここ以外で見かけることは皆無になった。広い縄張りからは餌場も交尾相手もなくなりつつあり、巡回しても無意味なことが分かっているのかも知れない。ちなみに以前も書いたが三毛は実の娘ではない(妻と交尾自体はしていて同期複妊娠だった可能性はある)。
八王子市の猫

 峠を越えて河岸断崖の階段を下りればそこは猫拠点。久しぶりに白に会えた。
八王子市の猫

 遠くて分かりにくいけどオッドアイ。最後に見かけたのは2月の寒い朝だった。
八王子市の猫

 しょっぱい顔で分かりにくいけどオッドアイ……。
八王子市の猫

 猫マンションの通路に常駐の茶トラが張り付いてた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 近寄るとその分だけ離れてしまう。隠れんぼの術で気を引いてみるか。
八王子市の猫

 反対側に回り込んで待っていたら、茶トラじゃないのも飛び出してきた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 8月下旬以来とはいっても、猫の記憶力ってかなりのもの。きっと覚えてくれているはず。八王子市の猫

八王子市の猫

「私はもちろん覚えているから、懐のものを早く出して」
八王子市の猫


関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 新宿区の猫

    2024.2.19

    雨の逢瀬
  3. 甲府市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 八王子市の猫

    2024.2.14

    お仲間集合
  7. 稲城市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です