三毛さんの交代要員?


川崎市の猫

 武蔵溝ノ口駅近くに住む三毛さんのねぐらが取り壊されるということで、里親に貰われていく三毛さんにお別れの挨拶をしたのは先月19日のことだった。張り紙には遅くとも11月中旬までには保護すると書かれていたので、今から訪ねて行ってももういないだろうし、もしかしたら家ごとなくなっているかも知れないとは思ったが、そういうことは自分の目で確認しないと気が済まない性分なので、散歩のついでに覗いてみることにして南武線の上り電車に乗った。あの辺りには三毛さんのほかにも数匹の猫が生息しているらしく、彼女がいなくなってもほかの誰かに会える可能性はある。
 所要時間が各駅停車と5分しか違わない快速に乗れたことで何となく得した気分になり、ひと月半ぶりの武蔵溝ノ口に到着したのは12:18。ねぐらの古民家は先月見たままの姿で残っていたものの、家具や什器が外に出されるなどして解体の近いことを感じさせたが、それより驚いたのはそこで猫が寛いでいることだった。
 あれー、何で猫いるの?
川崎市の猫

川崎市の猫

 君は初めて見る顔だね。そこは三毛さんの場所じゃないの?
川崎市の猫

 暗渠伝いに奥の方へ行くと、縁石にすりすり中の茶トラ白もいた。いったいここどうなっちゃったの?
川崎市の猫

川崎市の猫

 茶トラ白は当然のような顔をして寛いでいる。
川崎市の猫

 これはきっと三毛さんがいなくなったことで、この場所がほかの猫たちの縄張りに変わったのだと思う。六花谷のゴンがいなくなった時も、普段は滅多に現れない臆病なキジトラが出てきたし、黒煙ちゃん亡きあとの黒煙邸には武蔵が出入りするようになった。猫の縄張りには雨風を避けられるとか水や食べ物が豊富といった利点が多少なりともあるはずで、そういう場所は当然ほかの猫たちからも狙われる。主が強くなければ縄張りを守ることはできないし、いなくなったとなればすぐに次のが引っ越してくるのだろう。
川崎市の猫

 そう遠くないうちにあの古民家は取り壊されるはずだから、あの2匹の縄張りもかりそめだなあなどと思いながら峠を越え、急な下り坂に差しかかると、日なたと日陰の境目でお昼寝中の猫を発見。あれはちょっと露出に困るな……。
川崎市の猫

川崎市の猫

 フィルム写真を暗室で現像していた昔、こういう写真を印画紙に焼き付けする時は、猫型に切り抜いた紙をかざすなどして引伸機の光を遮り、猫の部分だけ余計に露光して明るさを調整していた。露光時間は手探りなので、小さくちぎった印画紙に何度か試し焼きしてから本番作業を行っていた。今はコンピュータ上で簡単にできるから本当にありがたい。
川崎市の猫

 峠をさらに下りていくと、階段の先に黒白が佇んでいた。あれはきっと知ってる子。
川崎市の猫

 先月はお寺の本堂で寝ていた子。境内へ逃げ込んで安心しているところを1枚。
川崎市の猫

川崎市の猫

 パイロンで区切られた工事現場で猫発見。
川崎市の猫

 今日は暖かいから猫峠の猫たちもあちこちに散らばっているようだな。
川崎市の猫

 茶トラ白は階段上へ逃走。
川崎市の猫

 そんな俺たちの様子を高みで見物しているのもいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 夏の間は日差しを避けてみんな車の下に隠れていたけど(一例)、今日覗いてみたらもぬけの殻。恒温動物はあっち行ったりこっち行ったり忙しい。
川崎市の猫

 アパートの敷地からこちらを睨む鋭い視線あり。
川崎市の猫

川崎市の猫

 この子はお馴染さんの黒白。縄張り監視は大切だけど目つきがちょっと怖かったよ。
川崎市の猫

 最近とても懐いてくれてすぐに近寄ってくるので、動き出す前にもう1枚撮っておく。
川崎市の猫

 最後に立ち寄ったのは揺れる想いのねぐら。いるだろうと思っていたらやっぱり寝ていた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 抜き足差し足で近寄ったつもりだったけど、相手が猫だとやはりバレるな。元気にしてたか。
川崎市の猫

 こいつもずいぶん懐くようになったけど、まだ指挨拶には至っていない。今日もチャレンジしたけど腰が引けちゃってダメだった。
川崎市の猫

川崎市の猫

 股間の立派なものも拝めたので目的は果たした。とても満足してその場を辞去した。
川崎市の猫


関連記事一覧

  1. 江東区の猫
  2. 府中市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 新宿区の猫

    2024.2.19

    雨の逢瀬
  3. 甲府市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 八王子市の猫

    2024.2.14

    お仲間集合
  7. 稲城市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です