カメラ修理


新宿区の猫

 今日は予定通り新宿のリコーイメージングスクエアに出向いて、カメラを修理に出してきた。ウェブ上に修理代金の概算が書かれており、それによれば液晶モニタの修理は22,500円。カウンターで提示された金額もそれとほぼ同じで、故障箇所と必要パーツによっては、17,000円程度で済む可能性もあるとのことだった。完全に表示しないのではなく、チルトモニタを倒す角度によって色調が変わるという現象なので、恐らくハーネスの半抜けか断線だろう。
 機械というのは可動部が多いほど故障率が上がる。PENTAXブランドのAPS-Cフラッグシップ機が、伝統的にチルトモニタを搭載しないのは、
保守の負担を軽減してコストを下げるためだろう。しかし、もし他のラインナップでこの故障が頻発しているとしたら、それはユーザがそれだけチルト機能を必要としていることの証左にほかならない。搭載しないという消極的な対応ではなく、故障率が下がるように工夫するのがメーカーとしての健全な姿勢だと俺は思う。チルトモニタがついているから仕方なくKPを使っているが、ほかの面ではK-3 IIの方が良かった。
 肝腎の猫は2匹。新宿へ出たついでに、副都心にほど近い猫住宅街を二回りほどしてみたが、見かけたのは高みの三毛と黒白だけだった。
新宿区の猫

新宿区の猫

 べっ甲柄がカッコいい三毛ちゃん。
新宿区の猫

 裏返しても同じ柄ね。
新宿区の猫

 明日と明後日は台湾猫旅を載せる予定。のんびりやっているとぜんぜん進まないや。
新宿区の猫


関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 高雄市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2024.2.28

    転がる古馴染
  2. 川崎市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 浦安市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 新宿区の猫

    2024.2.19

    雨の逢瀬
  8. 甲府市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です