花咲かぬミモザ邸


川崎市の猫

 YouTubeか何かでミモザの花が咲き乱れている映像を見て、そういえばもうそんな時期なのかと去年の台湾猫旅を思い出した。あの時は3月19日〜24日という旅行期間がちょうど花の盛りに被ってしまい、帰国したころには大方散っていてがっかりした思い出がある。この時期になると決まって訪ねる中野島のミモザ邸、きっと今ごろ庭先が真っ黄色になっているに違いないと思い、今日の猫探しはシェアサイクルで登戸〜京王稲田堤の8.2kmを走った。
 しかし今日は昨日にも増して北風が強く、最大瞬間風速14.4m/sと容赦なかった。電動アシストなので漕ぐこと自体は苦ではないが、風に逆らって走るとあっという間に体温が奪われる。猫も昨日のようには見つけられず、ミモザ邸へ至る前にヘタレて帰宅しようとしたものの、返却できるステーションが近くになかったため、結局予定通り京王稲田堤まで走ることになってしまった。寒くて死ぬかと思った。
 1匹目はお昼寝中。あの屋根で猫を見るのは久しぶり。
川崎市の猫

川崎市の猫

 強風が激しく枝を揺らしている。呼んでも猫の耳には届かない。
川崎市の猫

 先に同じ路地に住む美人三毛を探してみたものの見当たらず、諦めて元の場所へ戻ると屋根の縁に座っていた。
川崎市の猫

 しばらくあの子に会えていないから、君からよろしく伝えておいて。
川崎市の猫

 にゃーんと呼ぶ声が聞こえて足元を見ると、馴染の茶トラ白がちょこなんと座っていた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 呼ぶとついてくる。この辺りでは「ふてにゃん」と呼ばれている子。
川崎市の猫

川崎市の猫

 西の祠に差しかかったところで地面を嗅ぎ回る黒に遭遇。
川崎市の猫

 あっ、待って、行かないでー。
川崎市の猫

 人懐っこそうな素振りは見せるけど、突風が吹くたびに驚いて隠れてしまう。今日は日が悪かった……。
川崎市の猫

 肝腎のミモザ邸では猫に会えなかったどころではなく、楽しみにしていたミモザの木が立ち枯れていて葉っぱ一つ残っていなかった。あれほど大きな樹木を数ヶ月で完全に枯らすとなると、意図的にそうした可能性が高いと思うが、なぜそんなことになったのかが想像できない。邪魔になったという理由なら切り倒す選択肢があるわけで、大きくなりすぎたことで近隣トラブルに発展したのかも知れない。植物が死んだことでこれほどがっかりするのは初めての経験だった。
川崎市の猫


関連記事一覧

  1. 多摩市の猫
  2. 小金井市の猫
  3. 三鷹市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 福生市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。AI学習用のWebクローラーはすべて拒否しています。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。這台伺服器拒絕所有用於AI訓練的網路爬蟲。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. This server denies all AI training web crawlers.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 日野市の猫
  3. 阿里山郷の猫
  4. 嘉義市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 稲城市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 日高市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です