遺跡(?)で芋づる


川崎市の猫

 ここのところサチコは鼻水や鼻詰まりの症状を呈するようになった。冬の寒い時期にくしゃみや鼻水が出ることは以前からあって、なるべく体を冷やさないようにして対応してきたが、今年はすでに25℃近い気温になった日もあり、寒さではなく花粉が原因なのではないかと考えるようになった。少し調べてみたところ、猫において花粉症(季節性アレルギー鼻炎)はそれほど多い事例ではなく、鼻水やくしゃみの原因として最も考えられるのは猫風邪なのだそうだ。猫風邪については当然俺も疑ったことはあるが、これはウイルス感染症であり、同居しているマコちゃんに症状が出ていないことから除外して考えている。俺は花粉に対する感受性がないので分からないが、今日あたりはかなり盛大に飛散していたそうで、この時期に限って症状が悪化するならやはり花粉症の可能性が高いのだろうし、ハウスダストなどにアレルギー反応を示しているなら、季節が変わっても症状は治まらないはずだ。もうすぐ21歳になる年寄り猫を病院に連れて行くのはなるべく避けたいので、できる範囲で切り分けして、それなりに観察結果がまとまってから相談してみようと思っている。
 今日は朝から北風が吹き荒れて猫探しには不向きな日だったが、猫の体温を補う程度の強い日差しがあったので、たぶん大丈夫だろうとの希望的観測のもと溝の口から久地付近を散歩した。去年の秋まで大白斑の三毛さんが暮らしていた空き家の解体が2月から始まると聞いていたので、工事の進捗や付近の猫たちの動向を確認しておきたかった。
 スマホをいじっているうちに降りるべき武蔵溝ノ口を乗り越してしまい、武蔵新城から1駅戻って散歩をスタートしたのは12:40。すっかり更地になった三毛さんのねぐらを通りすぎ、いつもの古刹を覗いてみると、隅っこの方で風を避けるようにちんまりしている猫がいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 風は困るけど日差しは大事。なかなか絶妙な位置取りだね。
川崎市の猫

 同じ境内のさらに奥。あちらの猫は日陰に佇んでいる。
川崎市の猫

 白斑の大きな猫が日差しを避けるのは、持って生まれた習性なのかな。
川崎市の猫

 気温はそれほど低くないけど、日陰で風に当たるとあっという間に体温が奪われてかなり寒い。白い毛皮は皮膚炎を起こしやすいからバランスが難しいよなあ。
川崎市の猫

 急峻な猫峠に差しかかって間もなく、民家のバルコニーで日なたぼっこ中の猫を発見。
川崎市の猫

川崎市の猫

 壁際にひっついたまま、こちらの出方を窺っている。
川崎市の猫

 ……なので、秘奥義「隠れんぼの術」で気を引いてみた。
川崎市の猫

 物陰から顔を出したり引っ込めたりして、道路向かいのギリシャ遺跡みたいな空き地へ誘い出すことに成功。遺跡の猫ってギリシャやトルコが有名だけど、川崎にもいるんだな。
川崎市の猫

 つうかここ、大雨が降ったら土砂や瓦礫が流出しそうで怖いね。
川崎市の猫

 騒ぎを聞きつけて奥の方にもう1匹参上。
川崎市の猫

 そして、茶トラ白の背後にもさらなる猫の姿が!
川崎市の猫

 ここには石材が転がっているし、猫もいるし、本当にギリシャみたいだね。行ったことないけど。
川崎市の猫

 なお、背後の1匹はこちら。事態が飲み込めていない表情。
川崎市の猫

川崎市の猫

 猫峠の遺跡(?)ではほかに何匹もの猫を見かけたが、どれも逃げ足が速く、比較的おっとりしたのを2匹だけカメラに収めた。
川崎市の猫

 去年の夏は40℃近い気温の中、ここの猫たちにはずいぶんお世話になった(一例)。今年はもうあのようなことはしない。
川崎市の猫

 散歩を終えてバスに乗り、とある猫拠点で途中下車。次のバスが来るまでの15分間でデートするつもりだった美人キジ渦は見当たらず、余った時間でその辺をぶらぶらしていると、フェンスの向こうにお昼寝中の猫がいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 眠いし眩しいし目が開かない。しゃんとしている時はこんな感じで割とカッコいい子。
川崎市の猫

 バス停へ戻る道すがらに黒白がもう1匹。まだ離れているのにもうバレている。
川崎市の猫

川崎市の猫

 南向きで直立不動。お日様というのは尊いものだねえ。
川崎市の猫

「懐の美味しいものを差し出せば君も尊くなれるよ!」
川崎市の猫

 暗渠の草むらに佇む片耳のキジ白。両側をフェンスに挟まれているので、ここにはあまり風が来ない。
川崎市の猫

川崎市の猫

 周囲にはオオイヌノフグリの群生があって春らしさを際立たせている。ちなみにこいつはこの辺りのボスのようで、部下には慕われているし人間に対しても友好的だ。2020年10月には耳があったが2021年12月には折れていたので、恐らくそのころ耳ダニか何かにやられたものと思う。
川崎市の猫


関連記事一覧

  1. 青梅市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 大田区の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。AI学習用のWebクローラーはすべて拒否しています。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。這台伺服器拒絕所有用於AI訓練的網路爬蟲。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. This server denies all AI training web crawlers.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 日野市の猫
  3. 阿里山郷の猫
  4. 嘉義市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 稲城市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 日高市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です