真っ赤な朝の子猫


昭島市の猫

 休暇なしで夜勤から日勤に移行したので死ぬほど眠い。加えて今日未明、恐らくサチコであろうウンチの匂いが部屋中に漂って、焼け付く匂いが夢にまで出てきてろくに寝られなかった。お陰で寝坊はせずに済んだが、早朝の散歩で長い距離を歩く元気はなく、中神駅周辺を一回りするのが精一杯だった。
 家を出たのは6:15。駅へ向かう前に近所の猫路地を覗いてみると、奥の方で小さいのが落とし物のように佇んでいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 子猫が日なたぼっこしていたのだった。近寄っても逃げるでもなく、地面に香箱を組んでいる。
昭島市の猫

 猫風邪の洗礼を受けているようだ。お母さんのおっぱいをたくさん飲めば、きっと克服できるよ。
昭島市の猫

 せっかくの天気なので巨大黒猫の拠点にも寄ってみた。
昭島市の猫

 手のひらに乗るくらいの子猫がいずれこのようになるのだなあ。
昭島市の猫

 「何だ、それはどういう意味だ」
昭島市の猫

昭島市の猫

 久しぶりの猫喫茶前では、2匹の猫が日差しを浴びていた。
昭島市の猫

 こちらは臆病な方。このぐらい離れていれば大丈夫。
昭島市の猫

 こちらは割とフレンドリーだが、俺に関心はない。
昭島市の猫

 カメラは苦手。至近距離でシャッターを切っていたら、日陰に逃げてしまった。
昭島市の猫

 オッドアイ邸で猫発見。
昭島市の猫

 おー、反対咬合のオッドアイじゃん。久しぶりだなー。
昭島市の猫

 地面にはイエローアイの相方がいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 ここで猫に会うのは約10ヶ月ぶり。その前となるとさらに1年5ヶ月前だから、会えた時は素直に嬉しい。機嫌は悪そうだけど、元気そうで良かったよ。
昭島市の猫

 オッドアイとイエローアイ、反対咬合と正常咬合という違いはあるが、この2匹は兄弟であろうな。
昭島市の猫

 このまま東中神か昭島まで歩いてもいいかなと思っていたが、猫を見つけるたびに滞在時間がいちいち長くて、だいぶ押してしまった。1駅散歩は諦めて中神駅に戻っていると、向こうから巡回帰りと思しきキジ白がやって来た。
昭島市の猫

昭島市の猫

 にゃあにゃあ言ってる。誰かいるのかな。
昭島市の猫

 ねえねえ、お友達がいるなら、俺にも紹介しておくれよ。
昭島市の猫

 キジ白を待っていたのは、可愛らしい茶トラ白だった。邪魔者はさっさと出勤しようか。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 恆春鎮の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  4. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  5. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  6. 多摩市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 日高市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP