会社の近くで少しずつ開拓


立川市の猫

 写真は早く用意できていたのに、猫侍を見ていたら23時半になってしまった。
 今日は日勤で一日だけ出勤して明日はまたお休み。すっかり日の出の遅くなった朝散歩をどうするか悩んだが、次の日勤は12月8日までないので、そうしたことはその時になってから考えることにして立川に出た。スタート時刻は7時。
 天気は良かったが、時間が早すぎて街のほとんどが日陰なので、猫はなかなか見つからなかった。ラブホ横丁を通り過ぎ、小料理「だめさ」の前で辺りを見回し、南武線を渡って歩いても歩いても、いるべきところに猫がいない。やっと最初の猫を見つけたのは、スタートから20分が経過し、国立市に入ってからだった。
国立市の猫

 何匹かの猫が詰める防犯連絡所の物置小屋。今朝はキジ白が寝ていた。
国立市の猫

国立市の猫

 影の長い砂利の駐車場。この季節のこの時間は、こういう場所にいることも多い。
立川市の猫

 しかし、残念ながらこのあと逃亡。
立川市の猫

 西国立駅近くの猫路地にはいつもの黒白がいた。
立川市の猫

 こいつは足が悪くて、歩く時はよたよたしているが、実はかなりイケメンだったりする。立川市内を歩いた1時間で見つけられたのは以上の3匹。
立川市の猫

 立川で粘ったため遅刻しそうになって、唐木田駅から会社に向かっていると、道路を横断しているのを見つけた。
多摩市の猫

 おー、唐木田猫・第2号だ。
多摩市の猫

 さらに1匹発見。急いでるんですけど……。
多摩市の猫

 この子はこないだ見かけた子。割と広い範囲を出歩いているらしい。
多摩市の猫

多摩市の猫

 そしてダメ押しの1匹。
多摩市の猫

 ぜんぜんいないと思っていた住宅街なのに、今朝は駅から15分の間に3匹も見つけてしまった。勝手知ったる立川の1時間と同じ数とは、唐木田も侮れんな。
多摩市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 基隆市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 朝霞市の猫
  5. 恆春鎮の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  3. 昭島市の猫
  4. 新宿区の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  7. 小金井市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP