未亡人再び


立川市の猫

 月末月初は報告書作成などの業務が多く、何度かの夜勤で片付けるパターンになっている。昔から文章書きは早いので、二晩ほど集中してやればだいたい終わるんだが、俺は大変飽きっぽいので、18時間の拘束時間のうち、真に集中できるのは数時間程度。三つ子の魂ナントカというやつで、これは幼稚園の時から変わらないし、今後もたぶん死ぬまで変わらない。
 そんな夜勤を終えて会社を出たのは11時前。今日はあらかじめ行き先を決めてあったので、多摩センターを経由して立川南から散歩開始。MOONちゃんのTwitterに七三の婆さん(未亡人)が出ていたので、確認しに行ってみた。
立川市の猫

 寿司屋の薄色三毛のお友達。ずいぶん久しぶりな気がする。
立川市の猫

 上機嫌で、にゃあにゃあごろごろすりすり。毛色はたぶんフォーン白かライラック白じゃないかな。
立川市の猫

立川市の猫

 床屋の三毛婆さんがごろーん中。
立川市の猫

立川市の猫

 しかし、行ってしまった……。
立川市の猫

 七三の縄張りに行ってみると、未亡人の婆さんがいた。
立川市の猫

立川市の猫

 6月以降、七三ファミリーは母以外一斉に姿を消したので、他の子のことはもう諦めていた。特に未亡人の婆さんは出現率の高い猫だったので、なおさらだった。前回会ったのは2月27日。婆さんが無事なら、ほかにも残っているのがいるのかも知れない。
立川市の猫

 猫置き場には母の姿もあった。
立川市の猫

立川市の猫

 近寄ったら隠れてしまった。七三ファミリーって、実はみんな人懐っこくなくて、触っても平気だったのは幼いころの子供Bだけだったりする。
立川市の猫

 その後、チョビ1号邸でチョビ1号のお尻だけ見て、線路を渡ってしばらく行くと、公園の向かいの家からこちらを窺っているのを見つけた。
立川市の猫

 うるうる目の茶トラだ。もう鳴いてるし。
立川市の猫

立川市の猫

 こいつも今日はごろごろすりすり。15分ほど遊んだ。
立川市の猫

立川市の猫

 豆腐屋の裏手でお昼寝中の猫発見。
立川市の猫

立川市の猫

 1月に会って以来の茶トラ白。豆腐屋の物置の扉がいつも少しだけ開いていたので、無事だとは思っていたよ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP