未亡人再び


立川市の猫

 月末月初は報告書作成などの業務が多く、何度かの夜勤で片付けるパターンになっている。昔から文章書きは早いので、二晩ほど集中してやればだいたい終わるんだが、俺は大変飽きっぽいので、18時間の拘束時間のうち、真に集中できるのは数時間程度。三つ子の魂ナントカというやつで、これは幼稚園の時から変わらないし、今後もたぶん死ぬまで変わらない。
 そんな夜勤を終えて会社を出たのは11時前。今日はあらかじめ行き先を決めてあったので、多摩センターを経由して立川南から散歩開始。MOONちゃんのTwitterに七三の婆さん(未亡人)が出ていたので、確認しに行ってみた。
立川市の猫

 寿司屋の薄色三毛のお友達。ずいぶん久しぶりな気がする。
立川市の猫

 上機嫌で、にゃあにゃあごろごろすりすり。毛色はたぶんフォーン白かライラック白じゃないかな。
立川市の猫

立川市の猫

 床屋の三毛婆さんがごろーん中。
立川市の猫

立川市の猫

 しかし、行ってしまった……。
立川市の猫

 七三の縄張りに行ってみると、未亡人の婆さんがいた。
立川市の猫

立川市の猫

 6月以降、七三ファミリーは母以外一斉に姿を消したので、他の子のことはもう諦めていた。特に未亡人の婆さんは出現率の高い猫だったので、なおさらだった。前回会ったのは2月27日。婆さんが無事なら、ほかにも残っているのがいるのかも知れない。
立川市の猫

 猫置き場には母の姿もあった。
立川市の猫

立川市の猫

 近寄ったら隠れてしまった。七三ファミリーって、実はみんな人懐っこくなくて、触っても平気だったのは幼いころの子供Bだけだったりする。
立川市の猫

 その後、チョビ1号邸でチョビ1号のお尻だけ見て、線路を渡ってしばらく行くと、公園の向かいの家からこちらを窺っているのを見つけた。
立川市の猫

 うるうる目の茶トラだ。もう鳴いてるし。
立川市の猫

立川市の猫

 こいつも今日はごろごろすりすり。15分ほど遊んだ。
立川市の猫

立川市の猫

 豆腐屋の裏手でお昼寝中の猫発見。
立川市の猫

立川市の猫

 1月に会って以来の茶トラ白。豆腐屋の物置の扉がいつも少しだけ開いていたので、無事だとは思っていたよ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 渋谷区の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  2. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  3. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  4. 多摩市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 日高市の猫
  7. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  8. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP