低気圧はオホーツクへ


昭島市の猫

 先日の大雪を齎した低気圧は千島列島付近にあって、オホーツク海沿岸は猛吹雪になっているそうだ。年末から滞在していた元妻は明日紋別に帰る予定だったが、欠航または条件つきのフライトになる可能性が高いので、今日のうちに搭乗日を22日に変更しておいた。ちなみに紋別行きの飛行機は冬季のみの季節運行で一日一便しかなく、今日は悪天候のため欠航していた。加えて現地を走る北紋バスも全便運休だったそうだ。
 元妻の東京滞在最終日になるはずだった今日は、一緒に神猫1号に会いに行くつもりでいたが、そんなわけで予定変更。某巨大神社には一人で出かけることにした。
 散歩を開始してほどなく、日なたぼっこ中の茶トラ白を発見。
昭島市の猫

昭島市の猫

 逃げかけの茶トラ白。天気のいい日は大抵ここにいる。
昭島市の猫

 昨日の午後から運行を再開したバスに乗って、某巨大神社に到着。舌を鳴らしながら境内を歩いていると、雪の向こうから神猫1号がやってきた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 にゃあにゃあ鳴きながら、こちらへ向かって一直線。
昭島市の猫

 ごろごろ喉を鳴らしながら、足下から離れない神猫1号。今日はずいぶん機嫌がいいね。
昭島市の猫

 雪中ごろーん。
昭島市の猫

昭島市の猫

 境内には梅の花の香りが漂っていた。冬と春が一度に来たようだね。
昭島市の猫

 動画はこちら
昭島市の猫

 神社の建つ丘から下りてみると、いつもの納屋には三毛みーちゃんの姿もあった。木の枝が邪魔だけど、角度的にこうしか撮れず。
昭島市の猫

昭島市の猫

 天気が良くて暖かかったので、久しぶりに多摩川を渡ってみた。大雪のあと、人も車もほとんど立ち入っていないと思われる猫スポットに来てみると、雪の上で2匹の猫が遊んでいた。
昭島市の猫

 久しぶりー。また遊びに来たよ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 もう1匹は二毛。どちらもとても人懐っこい。
昭島市の猫

昭島市の猫

 どこからか、キジトラも登場。
昭島市の猫

 去年の秋、仲秋の名月の夜に会ったのはこの子かな。あの時は瞳がまん丸だったから、ちょっと分かんない。
昭島市の猫

 カメラに向かって仁王立ちの三毛。雪だと下から日光が照り返すから、レフ板が欲しいところ。アシスタントに元妻を連れてくるんだったな。
昭島市の猫

 雪が降ると雪猫を撮りたいと思うけど、これがもし雪国だったら、春まで毎日真っ白な写真になるわけで、それはそれで単調な日々だよな。季節の変化は東京ぐらいがちょうどいいのかも知れない。
昭島市の猫

昭島市の猫

 お腹が空いたので、そろそろ帰るよ。
昭島市の猫

昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 相模原市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP