このこねここのねこのこ?


立川市の猫

 今朝の散歩は北八王子駅から。朝少し遅く起きた時の散歩は、八高線に乗って出かけることが比較的多い。青梅線の上りはちょうどこの時間帯に青梅ライナーなどという余計な列車が出るので、時間にロスが生じるからだ。
 駅から15分ほど歩いて猫物流まで来ると、前回も見かけた茶トラ白が出迎えてくれた。
日野市の猫

日野市の猫

 いつものように、声にならない声で鳴きながら寄ってくる。皮膚の状態が芳しくないようだね。
日野市の猫

 物流会社にいたのはさっきの茶トラ白だけ。今日はあまり体調が良くなくて、回り道せずにまっすぐ駅に向かって歩いていると、通りかかった公園にキジ白が佇んでいた。
日野市の猫

 緑色が眩しいねえ。
日野市の猫

日野市の猫

 公園に隣接する駐車場には黒いのも。
日野市の猫

 茶色が混じっているようにも見えるね。黒猫は光の加減で微妙なのが多いので悩むよ。
日野市の猫

 こいつはたぶん春先の雪の日に会った子だな(こちら)。
日野市の猫

 そして会社近くのラブホ横丁。今朝はサビ1号が貯水槽で日なたぼっこしていた。
立川市の猫

立川市の猫

 お昼休みの散歩は30分ほど。とある路地の隅に小さな物体がうごめいているのを見つけた。
立川市の猫

 おー、小さいのが2匹だ。
立川市の猫

 兄弟だろうけど、それにしては毛色も長さもずいぶん違うね。お母さんはどうしたの?
立川市の猫

 ……と辺りを見回したら、向かいのアパートに黒いのがいた。
立川市の猫

 おにぎり顔じゃないの。君、お母さんになったのかー。
立川市の猫

 まだ小さいのに立派な毛並みだなあ。
立川市の猫

 会社帰りは曇って少し暗かったが、七三ファミリーの様子を見に寄ってみた。塀の上に父。
立川市の猫

 ほかのみんなはどこ行ったの?
立川市の猫

 隣の家に母がいた。2匹の子供も一緒。
立川市の猫

 先日も書いたように、三毛の子がいるということは、七三父(黒白)との間にできた子ではない。優性のO遺伝子を持っているオス(つまり茶猫)が父親なんだから、あいつあたりか。……にしても異父兄妹のこの子たちはなんて呼ぼうかなあ。
立川市の猫


関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 稲城市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 府中市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 浦安市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 新宿区の猫

    2024.2.19

    雨の逢瀬
  5. 甲府市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 多摩市の猫
  8. 八王子市の猫

    2024.2.14

    お仲間集合

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です