もっと色んなところに行きたい


立川市の猫

 冬になっても朝であろうと夜中であろうと猫はいる。しかし朝の10分と昼の30分しか時間がないので、会社の回りばかりぐるぐる歩くことになる。猫探しだけに限らず、もっと色んな街を歩いてみたいが、思う存分それができるのは、恐らく宝くじに当たったあとになるだろう。
 今日は快晴で暖かかったにもかかわらず、猫がいるのは日陰ばかりで、露出がとても難しく、レタッチするにも手間がかかった。ソフトウェアの扱いに慣れていないせいもあるだろうが、デジカメの写真ってかっちかちのリバーサルフィルムを扱っているようで、時々鬱陶しい。……話が逸れたが、下の写真は例の480万のマンション前。出勤前に見つけた2匹。
立川市の猫

 何かと対峙しているような雰囲気だな。
立川市の猫

 ……と、そこへ貨物列車が通過。轟音にびっくりして、黒いのが逃げてしまった。ちなみにこの貨物列車が通過したら、そろそろ会社に行く時間。
立川市の猫

 微妙な緊張感の原因はこいつ。キジ白2号だと思うんだが、前と顔つきが変わっているので自信がない。いつの間にか去勢手術を受けたらしく、耳に切り欠きも入っている。
立川市の猫

 昼休みは中央線の北側を散策。今日唯一の日なた猫だ。半分だけど。
立川市の猫

立川市の猫

 最後は三毛2号。この子は気難しくて、なかなか目線すらくれないが、今日は指の匂いをかがせることに成功した。
立川市の猫

立川市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 府中市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  2. 昭島市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 奥多摩町の猫
  7. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP