雲翳の墓参


昭島市の猫

 茶トラ係長が死んでから四度目の冬が来た。
 今日は晴れるとの予報に反して朝から霧雨が降り続き、お昼前に家を出た時も傘なしでは歩けないくらいだった。風は北向きで気温も上がらず、最低で2.9℃、最高でも7.7℃止まり。ただ、この季節の関東は基本的に晴れることが多く、朝は放射冷却が強まるので、最低気温はもっと下がるのが普通だ。調べてみると係長の死んだ翌朝は氷点下0.6℃を記録しており、この寒さでは一溜まりもなかっただろうなと改めて思った。持病もあっただろうが、係長の直接の死因は低体温症ではなかったかと個人的に考えている。最晩年は関節炎のため動くこともままならず、食も進まなかった係長は、寒い日に訪ねるといつもぶるぶる震えていた。気にかけていた猫だったので、死んだことを知った時は悲しかったが、その一方でむしろ良かったという気持ちもあった。もうこれ以上凍える思いをせずに済むからだ。寒さと空腹がどれほど辛いか、俺も少しは知っている。
 今はもう誰もいない某巨大公園の猫拠点を訪ね、係長の墓標に花を手向けてからの散歩開始となり、天気が悪かったこともあって見かけた猫は少数。最初はエビ子の家を覗いてみた。
昭島市の猫

 お腹が空くと玄関に張り付くエビ子さん。お昼ご飯を待っているのかな。
昭島市の猫

 こちらに気づくなり、駆け寄ってきてごろーん。
昭島市の猫

昭島市の猫

 人懐っこすぎて足元から離れないので、写真撮影は困難を極める。
昭島市の猫

 ちょうどそこへピザ屋の配達が現れた。警戒して動きを止めたエビ子をようやく撮影して、20分間の格闘を終えたのだった。
昭島市の猫

 トラ子ストリートでは長毛のキジ白を見かけた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 赤毛のキジ色はこの辺りのキジトラ系の特徴。こんな感じで美人さんの妹にも会いたいところだが、もう1年3ヶ月も見ていない。
昭島市の猫

 とあるマンションの荒れた裏庭に黒白が潜んでいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 警戒心が強く、近寄った分だけ引っ込んでしまう。
昭島市の猫

 これが最後の写真となって、茂みの向こうへ消えていった。
昭島市の猫

 昔規格の細い路地を歩いていると、行く手に黒白が現れた。
昭島市の猫

 いつも湿っぽい目でこちらを見つめる子。俺のこと好きなら胸に飛び込んでもらっていいんですよ。
昭島市の猫

 係長の相方だったスーダラ1号は小平市内の動物病院に入院中で、インスリン投与により元気な状態を保っているそうだが、やはり某巨大公園に戻ることは難しいようだ。面倒を見ている人が写真を送ってくれたので明日載せる。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 新宿区の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 三浦市の猫

    2021.10.17

    東京脱出(2)
  4. 三浦市の猫

    2021.10.14

    東京脱出(1)
  5. 立川市の猫

    2021.10.13

    注意力散漫
  6. 新宿区の猫
  7. 立川市の猫

    2021.10.10

    定位置の母
  8. 八王子市の猫

    2021.10.9

    ごん茶トラ

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP