立川の2匹の婆さん


立川市の猫

 長く続いた雨が上がって、一区切りついたつもりでいたが、今日も夕方から雨で、場所によってはかなり激しく降ったらしい。幸い、夜勤の前の猫散歩は雨に降られることはなく、ほどほどの気温だったこともあって、割とたくさんの猫たちに出会った。散歩コースは西国立から西国立まで。要するに、その辺りをぐるっと大回りして、スタート地点に戻る散歩だった。
 最初に見かけたのは怒りんぼの三毛婆さん。
立川市の猫

 門扉の下の隙間からレンズだけ差し入れて撮ったので、画角を変えただけの、変わり映えのしない2枚になってしまった。怒りんぼさんは眠そうにしていた。
立川市の猫

 猫の気配が濃厚な住宅街で1匹発見。
立川市の猫

立川市の猫

 たぶん一昨年の6月にも会った子。今まで何度となく通った道なので、それ以外にも会っているかも知れないけど。
立川市の猫

立川市の猫

 猫民家でまったり中の黒白。以前はたくさんの猫がいた場所だけど、今はこいつぐらいしか見なくなった。
立川市の猫

 とあるアパートで、2匹の黒が寛いでいた。
立川市の猫

 写真を撮るうちに、黒いのが1匹逃げて、入れ替わりにキジトラが登場。
立川市の猫

立川市の猫

 最終的には黒いのが全部逃げて、残ったのはこの子だけ。上から一部始終を眺めていたおじさん曰く、「そいつらは逃げ足速いぞ」。
立川市の猫

 草木の茂る民家の濡れ縁に黒白がいた。しかし、近寄ったら脱兎のごとく逃亡。
立川市の猫

 逃げた黒白を探して彷徨っていると、向こうに1匹出てきた。あれかなー。
立川市の猫

 うーん、似ているけど、なんか違う気がする。
立川市の猫

 線路を渡ってやって来たのは、七三ファミリーの路地。今日は婆さんが出ていて、ぽつねんと縄張りを守っていた。
立川市の猫

立川市の猫

 少しくたびれたかな。母は留守のようだった。
立川市の猫

 再び西国立駅に向けて歩いていると、とあるマンションで猫発見。
立川市の猫

 巡回帰りらしく、一通り写真を撮り終えたら、すたすた歩いてどこかに行ってしまった。毛色は二毛かな。
立川市の猫

 二毛の近くにも2匹いた。
立川市の猫

立川市の猫

 この子の毛色はキジトラかな。さっきの二毛との違いを明確に説明しろと言われると、ちょっと微妙で難しいんだけれども。
立川市の猫

 座ると余計分かんなくなる。アンダーコートが赤茶けているから、O遺伝子由来の茶色(レッド)と見分けるのが難しいんだよなー。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 朝霞市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  5. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶
  6. 日野市の猫

    2020.3.22

    大きなキジ白
  7. 国分寺市の猫
  8. 多摩市の猫

    2020.3.20

    夜の六花咪

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP