送り火の残骸


昭島市の猫

 今日の夜勤は1時間後倒しの18時から。1時間の違いとはいえ、こうしょっちゅう変えられたのでは、体の負担になって迷惑だ。あんまり続くようなら文句言って、ほかの方法を考えてもらわなくちゃな。
 もっとも、1時間ずれるには理由があるわけで、それは平たく言えば忙しいからだ。通常1名の夜勤者も2名に増えるため、こっそりブログを更新することも難しいと思われるので、今日は18日の散歩で載せ切れなかった後半部分を予約投稿して仕事に行く。今日は今日で出勤前の散歩はするつもりなので、もし見つかれば、それは明日以降載せることになる。
 前回の記事で最後に紹介した、やさぐれ風の黒白と別れたあと、さらに旧街道を東進すると、とある民家の窓辺で2匹の猫が外を眺めていた。ここは、前回の記事でもリンクした、一昨年の5月にも通った猫民家。あの時とそっくりなシチュエーションだ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 たまに前を通りかかると、たいてい何匹かの猫が外に出てごろごろしているが、この日は室内猫だけだった。
昭島市の猫

昭島市の猫

 農村地帯に差しかかって、畑を眺めながら歩いていると、盛大に排便中のを発見。用を済ませたあと、大きな声で鳴きながら去って行った。
昭島市の猫

 さらに歩くこと10分。とある農家で猫ファミリー発見。
昭島市の猫

 おー、来た来た。
昭島市の猫

 わあ、みんな来た。
昭島市の猫

 子猫も何匹かいたが、人慣れしているのは黒白と茶トラ白の2匹。あとの残りは引っ込んでしまって出て来ない。
昭島市の猫

昭島市の猫

 この子がお母さんらしい。出産後の授乳期だからか、だいぶ痩せているね。
昭島市の猫

 黒白はいちばん物怖じしない子。指の匂いぐらいは大丈夫だった。
昭島市の猫

 茶トラ白はちょっとだけ引っ込み思案。最前列には出てこない。
昭島市の猫

 送り火の残骸と子猫。ご先祖様はナスやキュウリに乗って帰っちゃったので、あとは猫のおもちゃと化している。
昭島市の猫

 お母さんのごろーん。
 子猫って、人を怖がる子と、興味を持つ子にはっきり分かれる気がするけど、ここの2匹は後者のようだ。父と思しき黒も人懐っこいし、やっぱり人懐っこさって遺伝が大きいのかも知れないな。
昭島市の猫

 お母さんの尻尾が気になる茶トラ白。
昭島市の猫

 「待てっ」
昭島市の猫

 「えいっ」
昭島市の猫

 「こらっ、邪魔するんじゃありません」
昭島市の猫

 「お、お父さん……」
昭島市の猫

 この日はたくさんの猫たちに会えて、充実の猫散歩だった。そのうちまた来るから、元気でね。
昭島市の猫

 その後、多摩川からの段丘に沿った緩やかな坂を上り、昭島駅にだいぶ近づいたところで、最後の1匹を発見。
昭島市の猫

 たまたま近くの家から主婦らしき人が出てきたので、挨拶して猫を撮っている旨を伝えると、「あひゃー」と言い残して去って行った。この辺やたら多いからなあ。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 調布市の猫
  4. 三浦市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  5. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶
  6. 日野市の猫

    2020.3.22

    大きなキジ白
  7. 国分寺市の猫
  8. 多摩市の猫

    2020.3.20

    夜の六花咪

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP