爽やかな川風


昭島市の猫

 今日の猫関係業務は多摩川に沿って1時間半ほど歩いてみた。真夏の日中であり、夜勤前でもあり、最初はそんなに歩くつもりじゃなかったんだが、今日の風は心地良くて、ぜんぜん苦にならなかった。最高気温は31.9℃と昨日とそう変わらないが、湿度はもっと下がった感じで、汗もほとんどかかなかった。
 ただし、こうした爽やかな天気が猫の数に結びつくかというと、世の中そんなに甘くない。歩いた距離の割に、会えた猫は多くはなかった。
 最初に会ったのは、大きな木陰で休む小さな2匹。
福生市の猫

 気持ち良さそうに寝てら。
福生市の猫

福生市の猫

 「おや、あなたもお昼寝ですか。ここは涼しくていいですよ」
福生市の猫

 「……広いんだから、もう少し離れてくれませんかね」
福生市の猫

 黒は相変わらず寝ている。
福生市の猫

 当たりをつけておいた場所にことごとく猫の姿はなく、路地の向こうからやって来た二毛に遭遇したのは、木陰の2匹から40分後のことだった。
福生市の猫

 あ、逸れた。
福生市の猫

福生市の猫

 「なに? なに? 私ロックオンされてる?」
福生市の猫

 ごめんよ、君の写真が撮りたかったんだよ。
福生市の猫

 某巨大団地にたどり着いたのは14時ちょうど。室外機置場からこちらを見つめる視線あり。
昭島市の猫

昭島市の猫

 このブログで6匹目となる垂れ耳。もう少しちゃんと撮りたいところだけど、警戒してしまってなかなか近寄れない。
昭島市の猫

 諦めて歩き出そうとしたら、バルコニーの手すりにも1匹乗っかっていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 手すりのキジ白を撮り終えたら、さっきの垂れ耳三毛が地面に降りて、こちらを眺めていた。まあスコテッシュフォールドなんだろうけど、垂れ耳はスコの絶対条件ではないし、外に出せば容易に交雑するから、品種名を判別することにあまり意味はない。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 青梅市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 相模原市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  6. 昭島市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP