アクセサリーアイラッシュと猫の顔貌


八王子市の猫

 夜勤明けの今日の散歩では、とても久しぶりに青空を見たような気がする。スタートからしばらくは曇っていたが、歩いているうちに雲が途切れてきて、最後の方は高い湿度と日差しにやられて死にそうになった。梅雨寒と言ってもやはり7月、ちょっと日が差せば簡単に灼熱地獄にしてくれる。
 そんなわけで、今日は散歩のあと散髪のため平山に寄り道したが、すでに日差しが強く、急坂の猫ヶ丘を歩く気にはなれなかった。以下に紹介するのは多摩センター〜堰場バス停で見かけた猫たち。
 最初に六花咪の縄張りを覗いてみたが誰もおらず、そのまま峠を越えて八王子市へ。団地を貫く緑道の緩い坂を歩いていると、黒猫が地面で伸びているのが見えてきた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 こいつは臆病なので物音に敏感。カメラのシャッター音くらいは余裕でバレる。
八王子市の猫

 「何の話です?」
八王子市の猫

 とあるアパートのアプローチに黒白。やはりコンクリートで放熱している。
八王子市の猫

八王子市の猫

八王子市の猫

 定点の猫拠点で鉢割れキジ白が寛いでいた。現場では初めての子だと思っていたが、帰宅して調べたら、今年2月の凍てつく朝に一度見かけていたようだ(こちら)。
八王子市の猫

八王子市の猫

 険しい目つきに見えるのはアクセサリーアイラッシュのせいかな?
八王子市の猫

 常駐の茶トラもいた。こちらは穏やかな顔つき。
八王子市の猫

八王子市の猫

 アクセサリーアイラッシュというのは、猫の上まぶたに生えている睫毛状の被毛のこと。獣医学の教科書には猫の下睫毛は存在しないと書かれ、上睫毛は「見当たらない」という表現になっているそうだが、俺自身はアクセサリーアイラッシュを睫毛と呼んで差し支えないと考えている。我が家のマコちゃんで実験したところ、この部分を綿棒で刺激すると、異物などから目を守る睫毛反射が観察できるからだ。
 で、その上睫毛は、猫の顔つきを決定するのにとても重要な役割を持っている。上睫毛の長さや向きによって、険しい表情になったり、三白眼のように見えたりして、人間に与える印象が大きく変わる。恐らく猫界では無視される特徴だろうが、このことで家畜として得をしたり損をするケースは多いのではないだろうか。
八王子市の猫

 顔見知りの白が塀の上で気持ち良さそうにしていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 この子はアクセサリーアイラッシュのせいで三白眼に見える。眼窩が窪んでいるようにも見えて、オッドアイがよく分からない。
八王子市の猫

 道路向かいには三毛もいた。
八王子市の猫

 I遺伝子によりティッピングが生じて、シルバースモークとカメオと白で構成された三毛。会津で見かけた子猫も大きくなったらこんな風になるんだろうな。
八王子市の猫

八王子市の猫

 三白眼の白は俺たちを見ている。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  3. 小金井市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 相模原市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP