壁の穴


羽村市の猫

 今日は久しぶりに35℃超えの猛暑日になった。これを書いている18時現在、居室の窓には強烈な西日が照りつけていて、カーテンを閉めないと眩しくてパソコンのモニタも見えない。夕立でも降ってくれればだいぶ楽になれるんだが、アメッシュを見ても今のところそんな気配はない。今週末あたりから涼しくなってくるとの予報だが、本当にそうなるんだろうか……。
 猫関係業務の方は、朝のうちに少しだけのつもりで羽村に出かけてきた。7時前に散歩を始めた時は25℃程度と、さほどではない気温だったが、下の写真のように空は容赦ないドピーカンで、日差しは強烈。朝ご飯を待つ猫も日陰から出てこない。
羽村市の猫

 白猫かと思ったら青い目のポイントカラーだった。眉間や耳朶がわずかにクリーム色になっているね。
羽村市の猫

 ご飯を待つ時の猫の集中力は大変なもの。舌を鳴らして呼んでみたけど、手ぶらの通りすがりにはまったく興味なし。
羽村市の猫

 次は羽村散歩の時は必ず立ち寄るオッドアイの住み家。半年ぶりに会ったオッドアイ爺さんは、日に当たってまったりしていた。
羽村市の猫

 「ちょうど良かったな、そろそろ日陰に移ろうと思っていたところなんだよ」
羽村市の猫

羽村市の猫

羽村市の猫

 多摩川沿いに並ぶ住宅街をぶらぶらしていると、道端に黒いのを見つけた。何かに注目しているようだ。
羽村市の猫

 「不審者が出没しているんだよ」
羽村市の猫

 「……ていうかお前も不審だなっ」
羽村市の猫

 民家の庭に逃げ込んだ黒を撮っていると、背後からもう一匹の「不審者」のダミ声が聞こえてきた。
羽村市の猫

羽村市の猫

 ダミ声の主。不審者同士仲良くしようぜ。
羽村市の猫

 同じ通りでさらに1匹発見。ここは猫がよく通る道路だな。日差しが強くて、アスファルトの路面もだいぶ熱くなっていると思うんだけど。
羽村市の猫

羽村市の猫

 ちょうど巡回帰りの時間だったのかも知れない。次は黒白が通りかかった。
羽村市の猫

 黒白を追跡したら、キジ白がいたでござる。
羽村市の猫

羽村市の猫

 植え込みの陰にさっきの黒白もいた。
羽村市の猫

 壁に張り付いたまま、こちらを見つめる黒白。もしかして、壁に開いている穴らしきものは猫ドア? その向こうではパスタでも茹でてる?
羽村市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  5. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶
  6. 日野市の猫

    2020.3.22

    大きなキジ白
  7. 国分寺市の猫
  8. 多摩市の猫

    2020.3.20

    夜の六花咪

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP